特別養護老人ホームでの看護師の仕事内容

特別養護老人ホームという施設があるのは周知のとおりですよね。これは、お年よりのための施設ですが、ここでも看護師が沢山働いています。老人ホームと言うと、どちらかといえば介護士の仕事場というイメージが強いのですが、それではここでの看護師の仕事内容とは一体どういったものなのでしょうか。

この特別養護老人ホームにもいろいろと形態があり、住まいとなっているところもあればディサービスとして利用できる施設もあります。こういった施設を利用することで介護に苦労していた家族が救われ、お年よりも穏やかな老後を送ることができるのです。そして、そんなお年よりと共にいる看護師の仕事内容は、やはりお年寄りの健康管理と言うことになります。お年よりは若い人に比べてちょっとした天気や気温の変化、それに季節の変わり目などに体調を崩してしまうことが多いのです。ですから、看護師はそういったお年寄りを常に注意深く見ている必要があるのです。

具体的な看護師の仕事内容としては、薬を管理したり栄養管理をしたり、また急な体調変化に対しても対応する必要があるのです。常に医師がいる環境ではないのでなかなか大変なこともありますが、何かあったときにはすぐに提携している病院に連絡すると医師が駆けつけてくれるので、慣れてきたら冷静に対応できるはずです。

しかし、基本的に急患が運ばれてくるような病院業務とは違い、患者に対応するという業務ではないので、看護師の仕事内容としては比較的のんびりと過ごせるのも特徴と言えるかもしれません。また、入居者であるお年寄り一人一人とゆっくり向き合って話ができると言う点でも、あわただしさがないのでメリットと言えます。また、基本的に夜勤がないところも多いので看護師の仕事内容としてはやはり夜勤経験者にとっては楽だと感じるかもしれません。 こういった点から、特別養護老人ホームで看護師をすると言うものまた働き方としていいのではないでしょうか。