担当する患者をしっかりと適切に説明と治療をする看護師

看護師の仕事内容としては、患者さんの世話から看病をします。医師から言われた通りにその患者さんの腕に適切な薬を入れた注射をしてあげたり、点滴をしてあげるのです。これはとても重要なお仕事でもあり、その薬をしっかりと確かめ、血管に1度で針を刺しては患者の負担を減らす努力が欲しいわけです。

これらはみな、学校で習うわけですが、非常に学校というものは大切な場所です。人の命を預かる現場に出るためには、その実技というものがとても大切になります。晴れて現場に出た時には、失敗のない仕事をするのが大切なのです。

医師が患者を検査する時には、その検査にも立ち会います。そして、医師が持って来て欲しい薬から医療道具などを素早く見極めては持って来るのです。それも間違いは駄目です。ですから、いかに看護師の仕事では、多くの薬の名前から医療道具の名前を覚えるかにかかっているわけです。

患者さんをその入院する部屋へと案内するのも看護師の仕事です。部屋に案内したら入院後の生活についての説明などもしてあげます。トイレはこちらで、非常階段はここ、食事は何処で受け取り、どのようにして食べればいいかなども教えてあげます。非常ベルのやり方なども教えるわけです。

食事の食べ方なども、病気を抱える患者にはとても重要なものです。その食事の食べ方によって、より体を悪くすることもあるからです。特に、お年寄りへの食事指導は丁寧にしてあげないといけません。喉に食べ物を詰まらせることがないように、どうやって食べればいいかとアドバイスしてあげるのです。

患者が非常ベルを押したらすぐに駆けつけては医師を呼んだり、適切な処置をすることもお仕事です。
背中を拭いてあげたり、トイレまで連れて行ってあげる場わいもあります。

患者の家族が来たら、その容態についての話なども説明してあげる必要もあります。家族も安心させてあげることも、看護師の仕事なのです。

自分の任された患者を最初から最後まで担当します。