看護師の仕事内容とその大変さについて

今の医療現場は、非常に厳しい職場の代表としてとらえられることもあります。確かに勤務時間は長く、その時間も不規則で責任も重いというイメージばかりが先に立ちます。しかしながら実際の看護師の仕事内容を並べてみるとやりがいもその見返りも非常に大きいものであることもわかることです。この看護師の仕事内容をプラスにとらえて考えてみるべきでしょう。

その看護師の具体的な業務ややりがい、見返りについてもご紹介したいと思います。まず、プラス要素であるやりがいです。これは何といってもどんな職場であっても看護師には患者さんの笑顔という最高の報酬があります。患者さんはどんな病状であれ、医師や看護師に対して全幅の信頼をもって臨むことになります。これを重荷と感じたり、プレッシャーと感じることもあるかもしれませんがこう感じてしまう方にとって、看護師という職業は不向きととらえたほうがいいのかもしれません。
実際に報酬に関しても夜間勤務、時間外手当、そもそもの勤務時間が普通の職業よりも長いため、給与も必然的に高くなるわけです。こちらについても夜勤や長時間勤務がつらいと感じるようであれば、非常に厳しいかもしれません。

次に看護師の仕事内容です。こちらも大病院と開業医、そして入院設備がある病院、手術設備がある病院、そして専門によって大きく異なります。開業医のように規模が小さければ、少人数で薄く広く業務をこなすことが必要です。逆に大病院であれば、業務が細分化されています。受付から入退院の手続き、入院患者のフォローまでとにかく業務に関しては多種多様にわたります。こうした看護師の業務内容をこなすためには専門学校での基礎知識もさることながらとにかく、実務経験こそが宝になります。しっかり、実務をこなしながら自分自身が看護師に適性があるかどうかを見極めていくことになります。ここに至るまでに2年か3年の実務経験が必要となるわけです。