看護師の仕事内容ってどういったもの?

看護師という仕事は今も昔も非常に大切な仕事であるという事は間違いありません。そして、常に人手不足気味でもあり、また給料が良いという事でも知られている職業だと言えるのではないでしょうか。

やり甲斐があり待遇も良いこの看護師という仕事に興味がある方は、きっとたくさんいらっしゃる事かと思います。しかし、意外と看護師の仕事内容についてはあまりわかっていないという方も少なくはないのではないでしょうか。そういった方に向けて、これから看護師の仕事内容とはどういったものなのか、簡単に説明をしていきたいと思います。

基本的に看護師の仕事内容というのは、どこの病院のどんな科で働くのかによって全く異なります。まずは病院とクリニックの差があります。大きな病院と小さなクリニックでは待遇も違いますし、仕事の中身も異なってくると言えるでしょう。

例えば神経科の場合には、仕事の多くは介護に近いものになってきます。身体が動かせない入院患者さんのお世話をするというのがメインになります。ですから腰痛になってしまう看護師さんも多いですね。夜床ずれしてしまわないように寝返りをうたせてあげたり、ご飯を食べさせる、身体の向きを好きに変えてあげる、こういった仕事になります。これは他の科ではこういった仕事がメインではありません。

このように、何科なのかによっても病院の大小によっても、厳密には仕事内容というのは違ってくるという事を覚えておきましょう。そして一つ言えるのは、なんにしても看護師の仕事は楽ではないという事です。それぞれ仕事内容的には異なりますが、どれも大変で重労働になるものも多いという事を忘れないようになさってください。参考になればと思います。