小児科で働く看護師の仕事内容とは?

看護師のなかには、今後違う科目で働きたいと思っている人が、いるのではないでしょうか。たとえば子どもが好きな人は、小児科で働くことを夢見ているという人もいるでしょう。子どもの笑顔に癒されながら勤務できたら、仕事がしやすいかもしれないですね。ただ、気になるのが小児科で働いた場合の仕事内容ではないでしょうか。

小児科の看護師の仕事内容はまず、小児病棟やクリニックで働くケースがあります。たとえば骨折などの外科的な処置もあれば、風邪やアレルギーなどで訪れる患者さんも多くいます。ですので多岐にわたった内容を診ることになるので、まずは先生の介助からはじまり子どもの発育状態を見ることが大切です。

また、急な病状で訪れる子どもの迅速な処置も、小児科で働く看護師の仕事内容になってくるでしょう。優先順位をどうするかという判断を、スピーディにおこなう必要があるのです。

さらに小児科での看護師の仕事内容として、NICU(新生児特定集中治療室)もあります。看護師になかには、あえてNICUでの勤務を希望する人たちもいます。NICUはおもに、未熟児や先天性疾患のある新生児の体調管理や、適切なケアをおこなう重要な仕事になります。急な赤ちゃんの異変にもすぐに対応できるような能力だけでなく、保護者の精神的ケアも非常に大切になるでしょう。

小児科で働く看護師の仕事内容は、おもに以上になるでしょう。仕事内容はもちろんですが、従心的な精神と、子供や新生児の観察力が必要になります。とくに小児患者の場合は、言葉が未熟な分、うまく辛さや気持ちを表現することができないのです。ですからちょっとした仕草や表情から、察する観察能力が必要になるのです。

ほかにも親や先生との連携や協力など、さまざまな能力が求められます。保護者と協力して患者の環境を整えていく必要があります。小児科で働くナースは、それだけやりがいのある仕事ですし、長い期間働いているナースも少なくありません。