マニュアルに書いていない事も看護師のお仕事

マニュアルに記載されている事だけが看護師の仕事内容だと思っていたら大間違いです。それはベーシックな事でしか無くて、それ以外の事の方が重要だったりします。患者さんの精神状態を前向きにするというのも非常に大切な事です。それは医師のやる事であって、看護師がやる事ではないのでは?と思うのは考えが浅いと言わざるを得ません。

距離的な事を考えていただけると理解できるでしょうが、患者さんに一番近い存在なのが看護師なのです。家族の方が近いとおっしゃるかも知れませんが、入院している時などは稀にしか訪れないはずです。その点看護師は入院生活を直ぐ近くでサポートする立場ですから、家族よりも近いと言えるのです。

社交的な人なら孤独を感じないのでしょうが、皆がそういう性格をしている訳ではありません。一人孤独になっている患者さんもいるはずです。その時にあなたが話相手になるというのも立派なお仕事だと言えます。この時に相手の心理状態を悪化させないように努めなければいけません。単なる雑談の様に思えるでしょうが、慎重にならなくてはいけません。緊張し過ぎず、かと言って馴れなれしくしない様な距離感を保つ事が大切です。

もし、精神的な不安感が高まっている様であれば、患者さんの手を握るだけでも効果があります。これも看護師の仕事内容なのです。手当てという言葉は治療の意味ですが、元々は相手の体に手を当てるという事から来たものなのだそうです。これによって心を安定させる効果があるとも言われているので、機会があればやってみてください。

看護師の仕事内容はこれだと決まった物がある訳では無くて、上記の様に工夫の余地が沢山あります。病気を治すのはお医者さんに任せておけば大丈夫という考えは捨て去る様にしてください。体の抵抗力を高めるためにも、積極的に患者さんとのコミュニケーションを図るようにしましょう。きっと目に見える効果が表れるはずだと思います。