看護師の仕事内容は種類が多く高い専門性が求められる

看護師の仕事内容は本当に沢山あります。制限された短い時間内に確実に作業をテキパキとこなしていく必要があります。具体的には血圧や体温や脈などを測定したり、注射や点滴や採血などの治療の補助をしたり、食事やお風呂やベッドメイキングなど患者さんの身の回りのお世話をします。また手術時には手術の準備や医師へ手術器具を手渡しなどの業務を行う場合もあります。

特に最近は医療技術が高度化して、日進月歩で進化を続けています。そのため看護師の仕事内容も益々高度化して、専門知識や高い技術が必要とされるのです。看護学校で学んだ知識だけでなく、医療現場での実体験などを踏まえて、日々自己研さんを継続していくことも大切になります。

それではより詳しく看護師の仕事内容について見ていきましょう。まず朝の申し送りのカンファレンスを行います。担当の患者さんの状況や細かい情報などを夜勤の看護師から聞いて引き継ぎます。またチームでのミーティングを行って、その日にどんな援助や看護を行うのかを話し合います。
担当する患者さんの病気の症状や体調などを経過観察します。その中でもし患者さんに何か変わったことがあった場合には、速やかに医師に報告を行います。患者さんへのケアとして、体を清潔に保つ為に全身清拭をします。また自分で食事が取れない患者さんには、食事介護を行います。また自分で入浴できない場合は、入浴介護をします。

病院の医療の中で検査や手術やリハビリなどの際には、患者さんを予定やスケジュールに合わせて移送したり誘導を行ったりします。また看護師の仕事内容としては、純粋な医療行為だけでなく患者さんとの日頃の何げない会話や雑談も大事です。患者さんの話ぶりから、体調の良さや元気さや気分など、健康状態を推察することもできます。また入院中には気分がふさぐ患者さんもいるので、話し相手になって元気づけることも大事な業務の1つと言えるでしょう。

このように看護師の仕事内容は本当に多岐に渡ります。高度で専門的な医療知識を備えると共に、患者さん1人1人に寄り添ってあげられるハートフルな看護を心がけることが重要だといえます。