看護師の仕事は多岐にわたっていて素人にはよくわからない

看護師の仕事内容は、医療関係者ならおおよそのことはわかるかも知れませんが、患者としてしか病院内に入ったことのない者にとっては見当もつきません。数々の医療器具や薬を使いこなし、下の世話までこなすのだろうということくらいの漠然とした認識しかありません。または医者のアシスタント的な役割、というイメージです。

総合病院などになると、多くの科に分かれているので、看護師の仕事内容もそれぞれで違ってくるのではないでしょうか。医者は専門に分かれていますが、看護師は決まった科があるわけではないですよね。どのくらいの頻度で科を変わるのは知りませんが、変わるたびに使う薬や処置の仕方を覚えるのであれば、大変だと思います。ある程度共通するものもあるのでしょうけれど、一つ間違えば大変な事態になりかねないような重篤な患者さんを受け持つ場合は、神経をすり減らすのではないでしょうか。

最近では高齢者が増えたことによる訪問看護もありますが、看護師にはこういう仕事もあるのですね。ケアマネージャーも看護師の資格を持っている人だと思っていましたが、私の思い込みかもしれません。
学校にはもちろんのこと養護教諭がいますし(これは看護師とは違いますが)、人のいるところに医療施設があり、医療施設のあるところ看護師がいるという感じです。

看護師の仕事内容について、今まで考えたことはありません。考えてわかるものではないですし、専門的すぎるというのが理由です。医者と同じく、専門的な勉強をして人でなければ理解しがたいのではないかと思います。
それゆえ、家庭や身近に看護師の資格を持った人がいれば心強いということはあると思います。専門家の意見を聞いただけで、ちょっと安心できるということがだれにでもありますから。

看護師の仕事内容は、一度覚えればそれでいいというものではなく、医療の進歩によって現場はどんどん変化するのではないかと思います。そうであるなら仕事しつつ勉強も必要となるので、大変な仕事だと言えると思います。