看護師の様々な仕事

看護師というのは女性の鉄板の職業のみならず最近では男性でも注目の仕事となってきてますが、その看護師の仕事内容については多岐に渡るので全体を把握するのは中々難しいと思います。今回はそんな看護師の仕事内容について簡単に説明していきたいと思います。

まず看護師の仕事内容としては当然ながら医者の補助や患者の看護というのがあります。一日のスケジュールに沿って説明していきますと、まずは起床後の患者さんへの検診や問診などの朝見回りがあります。それが終わったあとは当然引き継ぎに為にそのデータなどを更新したり、朝のカンファレンスなどに向けての情報整理などがあります。

こちらが終わると夜勤務と日中勤務が交代して、今度は日中での看護が始まります。基本的にはこちらも検診や問診・血圧脈拍の測定などがありますが、日中業務としては検査への申し送りや付き添いなどがあり、それらで得られたデータなども整理したり医者に送ったりなどという事務作業があります。また患者の看護という点では、最近多くなってきた高齢者のケアというのありますが、こちらは食事介助から入浴介助まで色々と大変なものであるというイメージがあります。

このような日中の定期的な看護の他には、もちろんではありますがナースコールなどで緊急に呼び出しが掛かった場合の看護というのもあります。緊急時のものから間違えたものなど多岐に渡りますが、こちらも患者さんは辛い状況にあってやることなので、責任が生まれる仕事内容であり看護師らしい職業に付きまとうものだと思います。

このように看護師の仕事内容について簡単に説明していきましたが、特に看護師の仕事というのは日勤と夜勤というシフト体系があるというのも忘れてはなりません。夜勤自体はお給料もいいのですが、反面患者さんの容態が悪化したとなったときは、正確な看護や処置が必要になりますので、その辺は日頃から学んでおくことが大切になるのでしょう。