看護師が復帰するときのきっかけになるブランクOKの求人

 女性は人生の途中で結婚や妊娠や子育てを経験することが多いため、その期間中は仕事を休むハメになりやすいです。特に子育てと仕事を両立させるのは体力的にも精神的にもしんどく、専念するために1度仕事を辞めるという選択肢を取るのもいたしかたのないところです。ただ、仕事を長期で休めばそれだけ現場感覚は薄れていき、社会から取り残されたような気持ちになってしまいます。子育ては家庭内のとても狭い空間で行いますので、だからこそますます仕事から遠のいた気持ちになります。

 たとえば前職が看護師だった場合、ブランクOKの求人は救いになります。ブランクOKの求人なればどれだけ家庭の事情で休職をしていたとしても、その部分を見越して求人が募集されています。看護師は全体的に不足しているわけですから、たとえブランクがあったとしても取りたいという意向の病院は決して少なくありません。車の運転と同じで1度覚えた仕事はそうそう記憶から欠け落ちたりはしないでしょうし、まさに体が覚えているということもあるはずです。

 ただ、そうはわかっていたとしてもいざ実際に復帰しようとなれば、不安が募るのは当たり前です。短期間でもとにかく働いていればその現場感覚をあっという間に取り戻せるのかもしれませんが、そこにたどりつくまでがとても大変に感じてしまいます。そして、そんな気持ちになりやすいからこそブランクOKの求人は重宝されるべき存在で、それを見つけられれば看護師としてまたバリバリと働くことができます。

 それまで子育てや家庭の事情に終始していればいるほど働きたいという欲求は高まっているでしょうし、そのくらいのモチベーションがなければ看護師として第一線で働くことはできません。求人状況は目まぐるしく変わりますからどこの病院でも看護師を手放しで歓迎しているとはいえないのかもしれませんが、それでもどちらかといえば採用してくれやすいのは間違いなく、そういう求人を探していけば復帰は十分可能です。