看護師が注射を打つときは患者を不安にさせない

 看護師の仕事内容として一般の人でも代表的なものに、注射を打つ仕事があります。注射を打つ仕事は頻繁にありますので、それがマスターできないと一流の看護師とはいえません。主に採血をするときなどは注射を打って行いますので、その機会はとても多いです。採血はちょっと手の込んだ検査をするときに行われることが多いため、ほぼ毎日その作業があるといってもおかしくないです。

 新人でまだ看護師としての経験が浅いと、患者を不安にさせるような注射の打ち方をしてしまいます。真剣に取り組むのは良いのですが、その姿があまりにも真剣ですと患者に「この人は大丈夫なのかな」と思わせてしまいます。また、何度も注射を打とうとして躊躇ったりすると、新人の看護師だということがバレてしまいますので躊躇うことはなるべく控えなければなりません。

 看護師の仕事内容として注射を打つことはとてもポピュラーなことですし、患者と直接かかわることですから不安を与えないようにしなければならないです。ただでさえ病院とは縁遠い人が注射を打つとなると、たとえ大人であっても難色を示す人が少なくありません。そんな不安感一杯の患者に対して恐る恐る注射を打っていたのでは信頼されるどころか不信感を募らせてしまいますので、そうならないように気をつけて行うことが大事です。

 そう考えると、看護師の仕事内容として患者の不安を取り除くことも大事です。上記した注射に関してはもちろんそうでうが、泣いている子どもをなだめたり、耳の遠い高齢者にしっかりと治療の内容を伝えたり、体調の悪くなった人を気遣ったりなど、患者の不安を取り除いてあげることを気にかけていなければなりません。

 通常業務に追われているとそういう基本的なケアをいつの間にか怠ったりしてしまうこともありますので、そうならないように意識して気をつけなければならないです。それができるのとできないのとではだいぶ違いますので、看護師として働くときは心がけなければいけないです。