看護婦はブランクOKの求人によく見られるほど、求められている

ブランクOKの求人に多いのが、資格や技術を持っている人を求めているものだと思います。例えば、美容師や不動産業、看護婦などがブランクOKの求人によく見られます。

ブランクOKの求人の中でも今求められているのが看護婦だと思います。全国的に勤め先があるので、引っ越しをしても続けられる仕事です。
看護師は激務と言われますが、長い間勤務している女性の数も多いです。それは、結婚、出産などを経ても現場にまた復帰しやすい環境だからだと思います。看護婦としての資格や経験があれば、数年または十数年現場を離れていても、求められることが多いです。慢性的な看護婦不足が叫ばれているので、ブランクがある方でも歓迎されるのです。

看護婦は激務ではありますが、ほかの職業には無い充実感があると思います。
何にも変えられない仕事ですので、この仕事以外はやりたくないと思う方もいるようです。
自分が誰かの役に立っているとダイレクトに感じることができますし、心からの感謝の気持ちを聞くことができる仕事だと思います。
人の役に立ちたいと思う、責任感があるという方であることは大前提だと思いますが、転勤が多い人と結婚してしまったり、長い間できる仕事をしたいと思ったり、手に職をつけたいと思っている方にも看護婦という職業は良いのかもしれません。

かなり田舎や島などに行っても小さなクリニックはあることが多いですし、看護婦という仕事は重宝されると思います。
これから高齢化社会にどんどんなっていくので、看護婦の数はますます足りなくなってくると思います。訪問看護なども増えるでしょうし、病院に通わなくてもできる仕事が多くなるかもしれません。

特に責任が重大で、取り返しのつかないミスは絶対に許されない仕事ではありますが、誰かの助けになりたい、感謝されるような仕事がしたいと思う方は看護師学校に通ってみてもいいかもしれません。
理想と現実がかなりある仕事であると聞きますが、その分やりがいもあるようです。