一般病棟での看護師の仕事内容とは

これからナースになりたいと思っている人のなかには、看護師の仕事内容が知りたいと思っている人がいるのではないでしょうか。小さい頃の夢だった看護師になりたいけれど、現実的にどのような仕事をするかに興味を持つのは、当たり前と言えるかもしれませんね。

そこで、一般的な入院病棟での看護師の仕事内容について、紹介しましょう。まず朝に行うのが、カンファレンスといって前日の患者の状態を夜勤看護師から引き継ぐ申し送りをおこないます。入院患者のなかには、たった半日で状態が急変することもあり、申し送りは大事な業務になります。

また看護師の仕事内容として、ナース同士で患者の援助についてのミーティングをおこないます。患者さんが、より心地よく過ごせるように話し合います。さらに患者さんに何か変化を感じたら、医師に報告して指示を仰ぐこともおこないます。また血圧や体温の観察や記入、治療の補助をおこなうことも看護師の仕事内容のひとつになります。

そして、患者さんん体を清潔に保つケアをおこなうこともあります。食事が自力でできない人のケアをしたり、全身清拭や入浴介助といった仕事もあります。入院患者さんが、気持ちよく過ごせるように補助することも看護師の仕事内容になるでしょう。

状況によっては、入院中の患者さんの検査やリハビリなどで、移送したり案内することもおこないます。ときには、患者さんとたわいものないことを話したり雑談することも必要になります。そのようななにげな会話の中から、悩みや希望がわかることもあるのです。

一般的な入院病棟での看護師の仕事内容には、以上のようなものがあります。実際は予期せぬ事態が起きることも少なくありません。事態に対して、迅速に動くことが求められたり、適切な処置が必要になることがあり、精神的にも肉体的にもハードに感じることがあるでしょう。それだけ看護師という仕事は、やりがいも大きいといえるのではないでしょうか。