具体的な看護師の仕事内容とはどのようなものがあるの?

これから巣立つ若い世代の中には、看護師にあこがれている人がいるのではないでしょうか。実際に看護師の仕事内容が、知りたいと思っている人たちもいることっでしょう。具体的な看護師の仕事内容には、どのようなものがあるのでしょうか。

まず、看護師の仕事内容は医師の指示に従って行動したり、補助的な役目があります。クリニックなどの小規模の病院の場合は、特にドクターの指示に従って俊敏に行動することが大事となってくるのです。また、患者の年代によっては、介助してあげたりすることも必要になってくるでしょう。小児科の場合は、子供の扱いに慣れておくとより安心ではないでしょうか。

また入院病棟では、点滴や、問診や検査、食事の準備や後片付けなど、多岐にわたっています。場合によっては食事の介助をしたり、入浴の準備や介助もおこなうことがあります。さらに患者の様子や病状を細かくチェックして、医師に伝えるというのも看護師の仕事内容になってくるのです。実際に細かい変化を見逃さずに確認する能力が必要になってくるのです。

さらに看護師の仕事内容として、検査の際に、患者さんの移送したり案内したりすることもあります。ちょっとした隙間時間に患者さんとお話しして、交友を図ることも大切な仕事となるのです。時として患者だけでなく、その家族とのコミュニケーションが必要となってきます。

さらに夜間勤務の場合は、ナースコールの対応や夜中の見回りなどの仕事があります。当然朝になると、患者さんの状態を次のナースに引き継ぐ業務が待っています。記録をつける作業が以外と多く、体を動かすだけでなくデスクワークがあるのは、ナースのお仕事の特徴となるのです。

このように、看護師の仕事は多岐に渡っていて部署によっては、まったく違うことをおこなうことがあるのです。どんな仕事も大変ですが、ナースもまたとても大変です。その分やりがいをもって取り組んでいけるのではないでしょうか。