看護師の仕事内容 一覧

唐突に仕事を辞めたい心境に陥った時の対応

唐突に仕事を辞めたい心境に陥る事もありえますが、そういう時には勢いに任せて辞めるのではなく、まずは冷静に現状認識から入る事が必要です。

辞めたい理由を整理してみて、次の職場に変える時にも単純に給料が安いという事や人間関係に問題があるという事で辞めた場合には、高い確率で次の職場でも同様の問題が発生する事になります。

辞める事によってさらに現状よりも良くない状況に陥る場合もありますし、勢いだけで辞めてしまうのはリスクがあり、給料が安い場合は今の職場で上げる方法が無いか模索したり、交渉してみたり、人間関係の問題に関しても相手側だけではなく、職場での自身の対応から発生している事もありますから、現状認識した上で次の職場に変わった時に現状よりも良くなるかどうか判断する事が必要です。

キャリアを高める為に仕事を辞めてステップアップする事は有効ですが、やはり現状の仕事である程度認めてもらえたり、次の転職先で自身の技術を高く評価してもらえた上で移る事が望ましいですし、特に技術職等の場合は経験値を積み重ねる事で転職しやすくもなります。

手に職がある仕事は転職しやすいですし、国家資格を持つ看護師等は資格も半永久的で結婚や引越し等でブランク期間が長かったとしても次の職場が見つけやすい傾向にあります。

いずれにしても辞めて次の職場を見つける事が出来る状況を作った上で行動取る事が望ましく、技術を備えていない場合は転職し辛い可能性もありますし、仕事を辞めたいと感じる事はあっても、勢いで行動せずに対応する事が必要です。

仕事を辞めたい場合でも現状何か出来る事は無いか考えたり、現状の職場で技術を高めたり学んだり、さらに人間関係を円滑にする方法を模索する事は有効と言えます。

仕事を辞めた後に楽な生活に馴染んでしまう事もありますし、そうなれば次の仕事を探さなくなる事もありますから、次の職場や目的を明確にした上で辞める事が望ましいです。


看護師の仕事内容は色々とありとても重要

看護師の仕事内容はとても色々とあって説明が難しいところがあります。ですので、順を追って一つずつ確認していきましょう。
まず、看護師の仕事内容というのは医師が行う診察をもとに、その時の指示によっていろいろとしなければいけないので大変です。あれを持ってきて、これを持ってきてという医師からの指示通りに動かなければいけないですし、それに間違いがあってはいけないので大変に神経を使うことになります。また、患者の入院生活といったことについても手助けする必要があります。しかしそれも、何もかもを手伝ってあげるのではなくて、患者の状況によって徐々に手を貸すのを止めていき、最後には全部一人ででもできるように見守ってあげる必要があります。ですから、どこまで手を出してもいいかと言うのは看護師の知識と経験がものを言うのです。
また、看護師の仕事内容は患者さんの病気の進行具合や薬の投与、また治り具合といった全てのことについて把握している必要があります。そして、何か変化があった時には速やかに医師に知らせる義務があります。
また、看護師の仕事内容としては患者さんだけでなく、そのご家族にも対応する必要があります。今どんな状態にあるのか、どんなリハビリをしているのかということを説明する必要がありますし、とても信頼関係が必要になるのです。
また、看護師の仕事内容としては常日頃の勉強と言うのも大きいのです。医療は常に進化しますから、それについていくためには度々研修会や勉強会といったものを開いて、どんどん知識を蓄えていく必要があるのです。こういったことをどんどん重ねて言って、さらに看護師として一段二段と上に行くために日々努力しているのです。こういったことを通して看護師は己を鍛え、さらにプロとして患者さんのためになるようにがんばっているのですね。やはり、千里の道も一歩からというように、少しずつ山を登るような感覚でがんばっているのが看護師なのだということがわかります。 


血圧の測定に採血や点滴などがあります

時代が変わって看護師の仕事内容も少しずつ変化しています。血圧を測定する時は以前であれば手動でやっていたのですが、今は腕に巻いてマジックテープで止めてボタンを押すだけで出来てしまいます。巻く位置に関しては既にお分かりかと思いますが、腕の上の方という事になります、あまりきつ過ぎず、かと言って緩くしない様にするのがコツでしょうか。あまり深く考えなくても、慣れてしまえばできますから問題はないと思います。

最も重要なのは採血かもしれませんね。これは相手の体に針を突き刺す事になりますから、非常に神経を使います。小さな傷とは言っても怪我を負わせる訳ですから、それを最小限にとどめる様に努める事が肝心なのです。採血が1本だけであれば比較的短時間で終わらせる事が出来ますけど、複数の場合は可能な限り早く終わらせるようにしましょう。ゆっくり慎重にというのと、急いで素早く終わらせるという両方を意識しなければいけないために大変なのですが、ここが腕の見せ所とも言えますので何度も練習するのが大切となります。また、頭の中でその時の様子をシミュレーションする事も忘れないようにしましょう。現場でのミスを少なくするのには欠かせない取り組みです。

点滴は食事が難しい状態となっている患者さんに対して栄養補給を行う事を目的としています。看護師の仕事内容としては割と知られていると思いますが、こちらも採血同様に針を刺すという事をしますので真剣にやらなくてはいけません。ただ、こちらは採血とは違って出血させる訳ではありませんから、急いで終わらせる事を意識する必要はありません。慎重に、どうすれば痛みが最も少ないかを考えながら最適な場所に針を刺すようにしましょう。

その日の一連の行いをまとめれば仕事は終わりです。次の担当の看護師はそれを読みますから、人が見ても理解しやすい様な書き方をしなければいけません。看護師の仕事内容は簡潔に書くようにしましょう。


看護師が仕事を辞めたいと思うとき

知り合いには看護師として働いている人が多くいます。なぜだかはわかりません。私は全く違う仕事をしています。看護師の友人が言うのは、本当に何度も仕事を辞めたいと思ったことがある、ということでした。彼女の職場は通常の職場よりも給料は安かったのですが、職場の寮が格安である条件から彼女は数年間はそこで働く必要があったんです。

正直、私からすれば彼女にとって看護師と言う仕事は天職だと思っています。看護師の仕事のことはよくはわかりませんが、手術室に助手として入ることができる看護師はかなり優秀な人が多いそうです。その彼女はしょっちゅう手術室で仕事をしていて、手術室経験ならそこらへんの看護師には負けないと言っていました。

その彼女が仕事を辞めたいと思うときは、本来の看護師がする必要のない仕事をさせられているときだそうです。病院に長く入院している患者さんの中には、家族が全くお見舞いに来ない患者さんもいるようです。そうすると、患者さんの身の回りのお世話をする人がいないということになります。家族に放置された患者さんの場合、衣服など洗ってくれる人がいないため看護師が仕事ではなくても患者さんの衣服を洗ったりすることになるそうです。そんなとき、彼女は仕事を辞めたいと思うそうです。

また、職場は例えば5人しか看護師を雇えないことになっています。そこで、5人のうち2人が突然産休に入ると5人でやる仕事を3人でやる必要がでてくるんです。夜勤もある看護師の職場でです。職場としては産休をとっている看護師に給料を支払っているわけですから、臨時の看護師を雇うと予算オーバーになってしまうので雇わないんです。そんな忙しいときに、家族が面倒をみない患者さんの衣服を洗濯しなければならなくなったら本当に仕事を辞めたいと思ってしまうはずです。看護師は給料が安めといっても、他の職種に比べれば技術職で給料も高めです。ですが、そういった職場の事情などから、いくら看護師という仕事が好きでも、仕事を辞めたいと思う瞬間はあるようです。


看護師の仕事内容とその大変さについて

今の医療現場は、非常に厳しい職場の代表としてとらえられることもあります。確かに勤務時間は長く、その時間も不規則で責任も重いというイメージばかりが先に立ちます。しかしながら実際の看護師の仕事内容を並べてみるとやりがいもその見返りも非常に大きいものであることもわかることです。この看護師の仕事内容をプラスにとらえて考えてみるべきでしょう。

その看護師の具体的な業務ややりがい、見返りについてもご紹介したいと思います。まず、プラス要素であるやりがいです。これは何といってもどんな職場であっても看護師には患者さんの笑顔という最高の報酬があります。患者さんはどんな病状であれ、医師や看護師に対して全幅の信頼をもって臨むことになります。これを重荷と感じたり、プレッシャーと感じることもあるかもしれませんがこう感じてしまう方にとって、看護師という職業は不向きととらえたほうがいいのかもしれません。
実際に報酬に関しても夜間勤務、時間外手当、そもそもの勤務時間が普通の職業よりも長いため、給与も必然的に高くなるわけです。こちらについても夜勤や長時間勤務がつらいと感じるようであれば、非常に厳しいかもしれません。

次に看護師の仕事内容です。こちらも大病院と開業医、そして入院設備がある病院、手術設備がある病院、そして専門によって大きく異なります。開業医のように規模が小さければ、少人数で薄く広く業務をこなすことが必要です。逆に大病院であれば、業務が細分化されています。受付から入退院の手続き、入院患者のフォローまでとにかく業務に関しては多種多様にわたります。こうした看護師の業務内容をこなすためには専門学校での基礎知識もさることながらとにかく、実務経験こそが宝になります。しっかり、実務をこなしながら自分自身が看護師に適性があるかどうかを見極めていくことになります。ここに至るまでに2年か3年の実務経験が必要となるわけです。


知っておくべき看護師の仕事内容とは

看護師は多くの女性が憧れる職種の一つです。確かに病気の人の世話をする看護師は思いやりや気遣いの示せる人でなければ勤まらない仕事であり、病院で見る看護師さんたちは非常に魅力的です。このような看護師になりたいと思っている人は、看護師の仕事内容をあらかじめよく理解しておく必要があります。なぜなら看護師の仕事内容は人前で見せる華やかなものだけではないからです。

まず看護師の仕事のメインは患者の診察や治療の補助、そして患者のケアです。また入院施設のある病院で勤務する場合、入院している患者の世話をすることも仕事内容に含まれます。またベッドメイキングや患者の記録など、人目につかないところでの仕事をすることもあります。

患者の診察や治療の補助とは具体的に述べるならば血圧や体温の測定、そして注射や点滴などを挙げることができます。そのため患者の体に触れたり、針をさしたりすることがあるために、十分注意しなければなりません。また入院患者の世話に関しては定期的な体温計測や食事の援助、また動けない患者の体を清潔に保つための手助けなどが含まれます。そして24時間体制で入院患者をケアしなければならないために、交代勤務を行わなければなりません。またときには重たいものを運ばなければならないこともあり、重労働となることもあります。

この他にも様々な仕事が関係しており、覚えることもたくさんあります。しかし最近では男性の看護師も増えており、力仕事や体力仕事を行う点で、女性看護師を助けてくれています。確かに看護師は華やかな職種の一つです。しかし看護師になりたいという漠然とした願いを持つ前に、看護師の仕事内容をしっかりと理解しておくことは非常に重要です。このような点をまず考慮し、自分は看護師に向いているかどうかをチェックするのです。どんな仕事でもそうですが、決して楽な仕事など存在しません。そのため華やかなこの仕事の全てを知り、この職業について熟考することが必要です。


特別養護老人ホームでの看護師の仕事内容

特別養護老人ホームという施設があるのは周知のとおりですよね。これは、お年よりのための施設ですが、ここでも看護師が沢山働いています。老人ホームと言うと、どちらかといえば介護士の仕事場というイメージが強いのですが、それではここでの看護師の仕事内容とは一体どういったものなのでしょうか。

この特別養護老人ホームにもいろいろと形態があり、住まいとなっているところもあればディサービスとして利用できる施設もあります。こういった施設を利用することで介護に苦労していた家族が救われ、お年よりも穏やかな老後を送ることができるのです。そして、そんなお年よりと共にいる看護師の仕事内容は、やはりお年寄りの健康管理と言うことになります。お年よりは若い人に比べてちょっとした天気や気温の変化、それに季節の変わり目などに体調を崩してしまうことが多いのです。ですから、看護師はそういったお年寄りを常に注意深く見ている必要があるのです。

具体的な看護師の仕事内容としては、薬を管理したり栄養管理をしたり、また急な体調変化に対しても対応する必要があるのです。常に医師がいる環境ではないのでなかなか大変なこともありますが、何かあったときにはすぐに提携している病院に連絡すると医師が駆けつけてくれるので、慣れてきたら冷静に対応できるはずです。

しかし、基本的に急患が運ばれてくるような病院業務とは違い、患者に対応するという業務ではないので、看護師の仕事内容としては比較的のんびりと過ごせるのも特徴と言えるかもしれません。また、入居者であるお年寄り一人一人とゆっくり向き合って話ができると言う点でも、あわただしさがないのでメリットと言えます。また、基本的に夜勤がないところも多いので看護師の仕事内容としてはやはり夜勤経験者にとっては楽だと感じるかもしれません。 こういった点から、特別養護老人ホームで看護師をすると言うものまた働き方としていいのではないでしょうか。


看護師の様々な仕事

看護師というのは女性の鉄板の職業のみならず最近では男性でも注目の仕事となってきてますが、その看護師の仕事内容については多岐に渡るので全体を把握するのは中々難しいと思います。今回はそんな看護師の仕事内容について簡単に説明していきたいと思います。

まず看護師の仕事内容としては当然ながら医者の補助や患者の看護というのがあります。一日のスケジュールに沿って説明していきますと、まずは起床後の患者さんへの検診や問診などの朝見回りがあります。それが終わったあとは当然引き継ぎに為にそのデータなどを更新したり、朝のカンファレンスなどに向けての情報整理などがあります。

こちらが終わると夜勤務と日中勤務が交代して、今度は日中での看護が始まります。基本的にはこちらも検診や問診・血圧脈拍の測定などがありますが、日中業務としては検査への申し送りや付き添いなどがあり、それらで得られたデータなども整理したり医者に送ったりなどという事務作業があります。また患者の看護という点では、最近多くなってきた高齢者のケアというのありますが、こちらは食事介助から入浴介助まで色々と大変なものであるというイメージがあります。

このような日中の定期的な看護の他には、もちろんではありますがナースコールなどで緊急に呼び出しが掛かった場合の看護というのもあります。緊急時のものから間違えたものなど多岐に渡りますが、こちらも患者さんは辛い状況にあってやることなので、責任が生まれる仕事内容であり看護師らしい職業に付きまとうものだと思います。

このように看護師の仕事内容について簡単に説明していきましたが、特に看護師の仕事というのは日勤と夜勤というシフト体系があるというのも忘れてはなりません。夜勤自体はお給料もいいのですが、反面患者さんの容態が悪化したとなったときは、正確な看護や処置が必要になりますので、その辺は日頃から学んでおくことが大切になるのでしょう。


具体的な看護師の仕事内容とはどのようなものがあるの?

これから巣立つ若い世代の中には、看護師にあこがれている人がいるのではないでしょうか。実際に看護師の仕事内容が、知りたいと思っている人たちもいることっでしょう。具体的な看護師の仕事内容には、どのようなものがあるのでしょうか。

まず、看護師の仕事内容は医師の指示に従って行動したり、補助的な役目があります。クリニックなどの小規模の病院の場合は、特にドクターの指示に従って俊敏に行動することが大事となってくるのです。また、患者の年代によっては、介助してあげたりすることも必要になってくるでしょう。小児科の場合は、子供の扱いに慣れておくとより安心ではないでしょうか。

また入院病棟では、点滴や、問診や検査、食事の準備や後片付けなど、多岐にわたっています。場合によっては食事の介助をしたり、入浴の準備や介助もおこなうことがあります。さらに患者の様子や病状を細かくチェックして、医師に伝えるというのも看護師の仕事内容になってくるのです。実際に細かい変化を見逃さずに確認する能力が必要になってくるのです。

さらに看護師の仕事内容として、検査の際に、患者さんの移送したり案内したりすることもあります。ちょっとした隙間時間に患者さんとお話しして、交友を図ることも大切な仕事となるのです。時として患者だけでなく、その家族とのコミュニケーションが必要となってきます。

さらに夜間勤務の場合は、ナースコールの対応や夜中の見回りなどの仕事があります。当然朝になると、患者さんの状態を次のナースに引き継ぐ業務が待っています。記録をつける作業が以外と多く、体を動かすだけでなくデスクワークがあるのは、ナースのお仕事の特徴となるのです。

このように、看護師の仕事は多岐に渡っていて部署によっては、まったく違うことをおこなうことがあるのです。どんな仕事も大変ですが、ナースもまたとても大変です。その分やりがいをもって取り組んでいけるのではないでしょうか。


看護師が注射を打つときは患者を不安にさせない

 看護師の仕事内容として一般の人でも代表的なものに、注射を打つ仕事があります。注射を打つ仕事は頻繁にありますので、それがマスターできないと一流の看護師とはいえません。主に採血をするときなどは注射を打って行いますので、その機会はとても多いです。採血はちょっと手の込んだ検査をするときに行われることが多いため、ほぼ毎日その作業があるといってもおかしくないです。

 新人でまだ看護師としての経験が浅いと、患者を不安にさせるような注射の打ち方をしてしまいます。真剣に取り組むのは良いのですが、その姿があまりにも真剣ですと患者に「この人は大丈夫なのかな」と思わせてしまいます。また、何度も注射を打とうとして躊躇ったりすると、新人の看護師だということがバレてしまいますので躊躇うことはなるべく控えなければなりません。

 看護師の仕事内容として注射を打つことはとてもポピュラーなことですし、患者と直接かかわることですから不安を与えないようにしなければならないです。ただでさえ病院とは縁遠い人が注射を打つとなると、たとえ大人であっても難色を示す人が少なくありません。そんな不安感一杯の患者に対して恐る恐る注射を打っていたのでは信頼されるどころか不信感を募らせてしまいますので、そうならないように気をつけて行うことが大事です。

 そう考えると、看護師の仕事内容として患者の不安を取り除くことも大事です。上記した注射に関してはもちろんそうでうが、泣いている子どもをなだめたり、耳の遠い高齢者にしっかりと治療の内容を伝えたり、体調の悪くなった人を気遣ったりなど、患者の不安を取り除いてあげることを気にかけていなければなりません。

 通常業務に追われているとそういう基本的なケアをいつの間にか怠ったりしてしまうこともありますので、そうならないように意識して気をつけなければならないです。それができるのとできないのとではだいぶ違いますので、看護師として働くときは心がけなければいけないです。


1 2 3