ブランクありの注意点 一覧

少しでも条件が良い病院で働く事を目指して下さい

そんなにブランクOKの求人というのは無いそうなんですけど、看護師に関しては例外みたいですね。これから人口は減っていくと推計されているのですから、それもそうでしょう。これから働く人達が増えて行けばいいのですが、人数に大きな変化が無いとなると色々な意味で大変なことになってしまいそうです。

仕事が増えるのに人の数が同じだとすれば、単純に一人がこなさないといけない作業量が多くなるという事になります。ですので、いくらブランクOKの求人とはいえ、復帰する前に良く考えておかなければいけません。やったと思って飛び付いて、想像していたよりもずっと大変だったという事になってしまうと困りますよね。

その様な事に備えてか、各病院施設では職場見学会を行っている事が多い様です。まぁ、どんな感じか覗いてみていって下さいねという事です。もちろん人に見せる物ですから、普段よりもしっかりしている所を重点的に紹介するだろうという事は考慮しておくべきです。小学校の頃に授業参観の時だけ、先生がいつもと違う授業を保護者の皆さんに見せる様なものでしょうか。ちょっと適切な例えでは無かったかも知れませんけど、要はそういう事なのです。

別に急いで決めなくてはいけない理由など無いのですから、たっぷりと時間を掛けて選べばいいでしょう。需要が多いのですから、有利なのはこちら側なのです。自宅から通えそうな場所であればすべて見る位でも問題ありません。その中から最も条件が良い所にすればいいのです。

ブランクOKの求人を探すのは本当に楽です。その部分を見るのではなくて、もっと内側の労働環境をチェックしておく心構えが大切となります。若い時はどんな過酷な環境でも看護師として頑張ろうと思える物ですが、ある程度の年齢にもなると、理想だけでは動けなくなってくるのです。現実的に見て少しでも条件の良い所を選択しなくてはいけないのです。決して自分自身を安売りしない様にしましょう。


ブランクOKの求人は多く見られている

看護師の仕事をしている中で、介護や子育て等の様々な事情で仕事を中断した人も多いと思います。それが落ち着いて再就職したくても、ブランクOKの求人があるのかどうか不安に感じるケースも少なくありません。
しかし求人情報にはブランクOKとしている所が多く見られます。看護師は人手不足も深刻で、これからの高齢化社会を支える存在として常に人材が求められています。そこでブランクのある方に対し、仕事復帰前に感覚を取り戻すための研修を実行している所もあるのです。
そのためブランクOKの求人も多く、仕事を離れていた期間があっても心配する必要はありません。これからも社会を支える必要な存在として活躍してほしいと思います。
看護師は確かに知識や技術が重要視される職業ですが、実は最も大切になるのは患者が治療やリハビリに取り組むための精神的なケアだと感じています。知識や技術があってもこの点がしっかりできていない看護師もいますので、この点を大切にして患者から信頼される看護師を目指してほしいと思います。
ブランクは不利だと考える人もいますが、患者を助けたいという気持ちをしっかりと持っていれば必ず採用してくれる所はあります。どうしても不安な場合は、研修制度の充実した所を選択して先輩職員の指導を受けながらスキルを取り戻していく事をお勧めします。
ブランクOKの求人は、大きな病院から診療所まで様々な医療機関、福祉施設といった選択肢があります。自分に合った形で職場を選び、長く働き続ける事も可能なのです。ぜひ看護師として復帰して多くの患者の身体的、精神的ケアを行うプロフェッショナルとして活躍してほしいと思います。
看護師の資格を取得し、知識や技術を磨いてきた事は様々な苦労もあったと思います。仕事復帰をする事は、あなたの能力を再度社会のため、人のために発揮できる充実した日々を過ごす事にもつながります。社会はあなたの復帰を待っているのです。


ブランクOKの求人を効率良く見つけられる紹介会社

看護師としての転職活動などを考えている方は、しばしばブランクを気にしています。と言うのも人によっては、以前に勤めていた時期から少し日数が空いている事があります。それが理由で、転職活動が難航している事例も見られる訳です。
そもそも病院としては、ブランクがある人材を敬遠している傾向があります。ブランクが長い場合は、腰が落ち着かないとのイメージがある病院も珍しくありません。
しかし全ての病院が、ブランクを敬遠しているとは限らない一面があります。一部の病院ではブランクがあっても問題無い訳です。
ところでブランクがある方々は、いわゆるブランクOKの求人を探している傾向があります。ただその求人を探す上でも、効率が求められることも珍しくありません。数多くの案件の中から、ブランクOKの求人を探すのも大変です。それで人によっては、見つけるまでに苦労している事もあります。
ブランクOKの求人を効率良く見つけたい時には、人材紹介会社という方法もあります。実際それで、かなり効率良くお仕事を見つけている事例もあります。
その流れなのですが、まずは人材会社に登録をします。ちなみに登録の際には、費用がかかる事はありません。基本的には無料になります。
そして登録手続きをする際には、紹介会社の担当者が様々なニーズをヒアリングする事になります。上記のようなブランクに関わる懸念点がある時には、担当者にその旨を伝えてみると良いでしょう。すると担当者としては、ブランクOKの求人をいくつもピックアップしてくれるからです。数多くの求人の中からそれを発見するのは大変ですが、人材紹介会社の場合は独自の検索システムがあるので、とても効率良く発見できる訳です。
また人材紹介会社の場合は、ブランクOKの求人の数も非常に多いです。いわゆる転職サイトで発見できる求人よりも、紹介会社の方が遥かに多くのデータを抱えている事もあります。
ですのでブランクが気になる時には、紹介会社に登録をしてみるのも一法です。


看護師はブランクOKの求人が多いので心配しないで!

看護師への再就職を考えている方は諦めないでください。ブランクOKの求人は結構あるものですよ。私も育児のために4年間ほどのブランクがあったのですが、今では再び看護師として働き始めています。病院の他の看護師さんのなかにもブランクを経て復帰したという方も多いようです。看護師のお仕事はとても大変ですので、育児との両立がなかなか難しいものです。そのため出産を機にお仕事を辞める人も少なくありません、しかし、そのなかの多くの女性は数年間の育児の後に再び病院へと戻る傾向があるようです。それゆえ、ブランクOKの求人募集をしている病院も多く、数年のブランクがあれども再就職先には困りません。ですから、ブランクがあるからといって再就職を諦めることは決してしないで下さい。ちゃんと探せば、きっとブランクOKの求人を出している医療機関が見つかるはずです。

看護師という職種が基本的にブランクOKの求人であるといっても、やはりブランクがマイナス要素になることは否めません。病院としてもブランクがある元看護師より、ブランクのない現役看護師を積極的に採用したいところでしょう。しかし、今の日本は慢性的な看護師不足に陥っていますから、病院としても選り好みはしていられないという現状のようです。つまり、看護師業界は売り手市場なのです。だから、元看護師の方は自信をもって再就職に臨んで下さい。

再就職活動を有利に進めるためのコツもあります。それは看護師セミナーに参加することです。看護師セミナーでは最新の医療知識を教授してくれるので、そこで勉強すればブランクを埋め合わせることも可能です。また、再就職を希望する元看護師のための研修を受け入れている病院も多々あります。そうしたところで経験を積み、履歴書にそのことを記せば、病院側も評価してくれるようです。再就職活動を上手く進めるためにも、看護師セミナーや研修の参加は是非ともおすすめしたいところです。

出産を経た女性は生命の機微を学ぶので、人間性に深みが増します。そのことが、病や怪我に付き添う看護師というお仕事ではとても役に立つものです。どうか自信をもって、看護師に再就職してください。


看護師専用転職サイトなら直ぐに見つかります

比較的ブランクOKの求人が多いのが看護師なのですが、それまで長期間に渡って医療現場から離れていたとなると復帰にも勇気がいるかもしれませんね。毎日の様にやっていた様々な事、例えば採血や点滴の用意などもやり方を忘れてしまうという事があるからです。再度やり始めれば適応するのに時間は掛からないとは思うのですが、やはり心理的には果たして上手く行くかどうかと不安になる物でしょう。

そういう元看護師の方に向けて、独自の対策を行っている所もあります。例えば夜勤はしなくていいですよ、日勤で働けますという事を強調する等の事です。夜中にやるのって、やっぱり大変なんですよね。若い人達でもそれなりにツライものですから、復帰したての看護師さんにとっては尚更となるでしょう。そこで、働く時間帯を限定するという配慮をしてくれている訳です。

ブランクOKの求人をしているという事自体は、それほど特別視するほどではありません。というのは看護師業界というのはそんなに人が余っていないんですね。それどころか足りていないのですから、少しでも多くの人達を集めたいと必死になっているのです。だからこの文字を見ただけで、やった!等と思ったりせずに、その内容について細かく見ていく必要があるでしょう。先程の日勤で働けるというのも、重要なポイントとなる訳ですね。

看護師専用の転職サイトもありまして、ここでもブランクOKの求人を募集している事がよくあります。こちらの方でとりあえず見つけるのが簡単なのでオススメですね。全体的な作りに関してもしっかりしており、特に使い勝手が悪いとか見づらいという感じにはなっていません。

『ナースではたらこ』とかは結構昔からありますよね。具体的にはこの様のサイトを利用して見て下さいという事なのです。資格はあるけれども、実際には看護師として活躍してない潜在的な看護師は数十万人はいるとされますので、その人達には特に役立つかと思います。


何年ブランクがあっても看護師としてやっていけます

看護師として復職する事に躊躇するというのはよくある事ですが、それ程意識しなくてもどうにかなるケースが大半ではないかと思います。やはり一度は経験した事がある訳ですから、頭の記憶が薄れていても体の方は覚えている物なのです。ブランクOKの求人は看護師用のサイトでいくらでも紹介されているので、再就職先が無いという理由で困り果ててしまう事はほぼ無いはずです。

いきなり現場復帰というのが難しければ、まず見学だけしてみると良いでしょう。新しい職場な訳ですから、当然それまでの人間関係とは全く別の環境となります。その時にやって行けそうかどうかを確認するという意味があるのです。そこまでしてもらって断るのはどうもという人もいるかもしれませんが、全ての人に来てもらう事を前提として見学をしてもらっている訳ではありませんから、特に罪悪感みたいな物を感じなくても大丈夫でしょう。

ブランクOKの求人の条件はかなり良い事が多いです。これは看護師というのの絶対数が少ない事が関係しているとされています。お医者さんのお給料が高いのと同じですよね。人数が少なければ自然と待遇は良くなる物なのです。5年とか10年くらい現場から離れていても、それを問題視される事はまずあり得ません。そういう人達も含めた上でブランクOKの求人を出している物なのです。

再度、看護師として働き始めた場合に自分が上手く適応できるのかが気になる所ですが、あまり不安ばかりを膨らませるよりも、行動をする事に意識を集中すべきだと思います。そうすると自然と現場になじんでくるものなんですね。また、最も重要なのは患者への対応です。自分の事を考えるのは人間として当たり前なのですが、あくまで病院の主役だと言えるのは病人である患者さんなんですね。少しでも元気になってもらおうという意識でいる事が大切です。細かい仕事の動きを覚えているかどうかよりも、こちらの方が遥かに重要な事だったりします。


ブランクOKの求人は絶対に必要です

看護師の免許を持っている人は多いとよく聞きますが、実際に仕事をしている人はそれよりもかなり少ないみたいです。もちろん理由は人それぞれですが、その中でも多いと思われるのが、ブランクがあるからです。
どういうことかというと、看護師はやはり女性が多い職業です。ということは、出産や育児で仕事を辞めてしまう人が多いということになります。そして、仕事を再開する人も少なく、免許を持っているのに実際に仕事をしている人が少ないという構図になってしまうのです。

ここで必要になるのが、ブランクOKの求人です。今現在看護師の仕事をしていない人の中には、復職したいと考えている人もいることと思います。ですが、ブランクが壁になっていて中々復職出来ない人が多いのではないでしょうか。ですが、ブランクOKの求人が多数あれば、そういう人でもまた仕事が再開出来ることと思います。再開したいのに中々出来ない人がいるというのは、凄くもったいないことだと思うのです。確かに、看護師を募集する際は急いでいることが多いと思います。ですが、新人を採用するわけではなく、経験がある人を採用するわけですから、新人を育てるよりはずっと早く仕事を覚えられると思いますし、勘だって戻ると思います。仕事を休んでいた人にとって復帰しやすい環境になればとついつい思ってしまいます。

確かに、仕事復帰は簡単ではないでしょう。ですが、戻れる場所がないなら復帰のしようもありません。ブランクOKの求人が少しでもあれば、全く違うのではないでしょうか。色んなところでというのは無理かもしれませんが、少しでも増えればいいなと願わずにはいられません。たくさんの看護師が復帰すれば、個人の忙しさも全く違ったものになると思います。看護師の仕事そのものがハードなのに、人が足りないのではさらに大変ですし、大変と分かっていながら復帰する勇気も中々出ないと思います。ですが、環境がある程度整っていれば復帰もしやすいのではないでしょうか。


仕事を辞めたい看護師に知ってほしい再就職のリスク

看護師の方の仕事は言うまでもなく激務なので、仕事を辞めたいと感じる看護師の方も多いでしょう。確かに夜勤や半夜勤など不規則な勤務時間が多く、仮眠中も緊張が消えない職場なので肉体的にも精神的にも辛い仕事ですが、必ずしも仕事を辞めたいという選択が正しいとは限りません。

看護師の仕事は高度なスキルを要求され激務である代わりに、非常に待遇面では優遇されています。同年代の方よりもはるかに平均年収などが優れていますが、基本給の他にも夜勤手当てなど各種の手当てが充実しているので、年収ではかなりの額になります。また賞与なども充実していることが多いので、看護師から一般職へ転職した方の多くは給与面での不満を感じます。

しかし、いくら給与がよくても体を削るような働き方をしていれば、いずれ病気となりお金どころではなくなってしまいます。そのため看護師の給与がいくらよくても最悪の場合には仕事を辞めたいという選択を重視せざるを得ないのですが、その際にはキャリアデザインについてしっかりと考える必要があります。

看護師の仕事はキャリアの積み重ねて認定看護師や専門病棟など様々な可能性が広がります。20代の前半から将来のキャリアを見越して働いていれば、感染症看護や糖尿病看護など特定分野の高い看護スキルを生かし、サラリーマンや自営業の方よりもはるかに優れた医師並みの給与を得ることが出来ます。

将来的にそうした高待遇を受けられる可能性の高い看護師の資格ですが、欠点としてはブランクが大きなハンデになるということがあります。看護師の世界は日々刷新される新薬の知識や最新の医療機器、採血など高度で繊細な作業など様々なスキルを毎日磨いていかなければなりません。しかし、一度職場を離れてブランクが出来てしまうとこうしたスキルを再度獲得しなければならないので、これまでのキャリアを無駄にしてしまうことになります。このように看護師の仕事は激務ですが、辞めるときにはこれまでのキャリアや将来の展望を見越した上で決断ください。


ブランクOKの求人とそれを探す2つの方法

看護師のお仕事を探す方々の中には、ブランクがある方も見られます。いわゆる転職活動をする方々ですが、過去に退職をしてからかなり日数が空いているケースも見られる訳です。
そのブランクがどれ位の長さならば問題無いかは、色々な説が見られます。3年以内に退職しているならば問題無いと見なすケースもありますし、2年以内ならばブランクとは考えられない等のケースなど、色々とあります。

いずれにしてもブランクがあるとなると、お仕事を探している本人としては不安を抱えている事が多いです。なぜなら看護師として働く上で、それが障害になってしまうとも考えているからです。
実際確かに、ブランクは人事選考には大きく関わってきます。会社によってはブランクが長い方々を敬遠している事もあるからです。

しかし中には例外の会社も見られます。ブランクがある方々を「全て」の病院が敬遠しているかと言われれば、必ずしもそうとも言えない一面もあるからです。
例えば病院Aの場合は、ブランクの年数が8年くらいならば問題無いと考えているとします。ところが病院によっては、5年以内などと色々考え方が異なる訳です。つまり、中にはブランクOKの求人も見られる訳です。ですので一度はどこかの病院を退職した看護師の方などは、ブランクOKの求人を探しているケースも少なくありません。
ブランクOKの求人を探す方法は、主に2つあります。看護師のお仕事探しサイトと、人材紹介の会社です。

まず前述のサイトでは、いわゆるキーワードなどを用いて調べるケースがほとんどです。絞り込み検索をすれば、比較的効率良くそのタイプの求人を見つけられる傾向があります。
それに対して後者の場合は、人材紹介会社の担当の方にそれを伝えるケースが多いです。ブランクがあっても問題無い求人を探したいという旨を伝えれば、紹介会社の方が最適な求人をいくつかピックアップしてくれます。

いずれにしてもブランクがあっても問題無い求人は、いくつも見られるのは事実です。それを比較的数多く見られるので、前日の方法で探してみると良いでしょう。


ブランクOKの求人でおすすめのものは何か?

みなさんはこれまでにブランクOKの求人を探した事はありますでしょうか?きっと女性の多くのはこれまでに一度はブランクOKの求人を探した事があるかと思います。

ですが、ある特定の業種を除いてなかなか思ったように順調にそのような求人を見つける事ができなかったと思います。

でも、中には当然ブランクOKの求人もあります。その代表的なのか看護師の求人です。では、どうして、看護師の求人ならブランクがあっても良いという求人が多くあるのかというと、それは看護師の数が圧倒的に足りていないという現実があるからです。

ですから、男性と比べても仕事のブランクができやすい女性がブランができてからも安心して働く事ができるようにするには看護師として働くのが一番です。

でも、中には看護師として働く事に多少抵抗を持っている人もいるかと思います。ですが、そういう方も今後結婚等をきっかけにして仕事のブランクがどうしてもできる事が多くなる立場にある女性としては看護師になる事をおすすめします。

そうすれば、他の職種に就職して復職するよりは確実にブランクがある程度あっても復職が可能になります。

なのでこれまでなんとなく看護師でなくてもブランクがあっても求人に応募して問題なく就職できると思っていたという方は実際はそうではなく、看護師ほどブランクがあっても良いという求人は他にはないという事を知って欲しいと思います。

それで多くの方はきっと看護師になって良かったと感じると思います。それぐらい、看護師の求人というのはブランクがあっても問題なく採用される職種ですので、これまで看護師として働く事にそれほど大きなメリットを感じていなかったという方はそういう事はないという事を認識して欲しいと思います。

少なくとも私の周囲には看護師ほどブランクOKの求人が多くあるのは他にはないと言っています。

それぐらい、看護師の求人はブランクがあってもハンデにならない数少ない職業です。


1 2 3