ブランク復帰の経験談 一覧

ブランクOKの求人を見つけて思い切って飛び込もう

看護師の仕事に就いたものの、理由があり一時仕事を辞めて家庭に入るということもありえます。また、別のやりたいことが見つかったから一度看護師は辞めてその仕事をしたものの、やはり看護師の方が性に合う、ということで戻ってきたいと考える人もいます。そんな人たちに対して、果たしてブランクOKの求人というのがあるのでしょうか。やはり、看護師はやっている間は大変だと思っても、一度その職業を離れてみるとどんなに充実していたか、また自分に合っていたかを実感する人というのは多いようです。それだけ素晴らしい職業であることは周知のとおりですからね。

結果として言えば、ブランクOKの求人は沢山あります。やはり、看護師は大変な仕事であるだけあり、求人も後を絶たないものなのです。そして、一度でも看護師として働いた人と言うのは人材としてとても貴重なのです。ですから、ブランクOKの求人を見つけたらどんどんその求人に応募するのがいいでしょう。

しかし、一度看護師を辞めてしまうと、たとえブランクOKの求人があったとしても少々不安に思うと言う人もいますよね。でも、心配する必要はありません。兎に角この仕事は実務をこなすことでだんだんと勘が戻ってくるものですし、やはり最初は研修期間を設けてくれるものです。ですから、仕事に対してそんなに不安に思う必要と言うのはありません。また、家庭などについても同様です。ある程度大きなお子さんだったらお母さんの仕事がどんなに責任重大で、しかも大切な仕事であるかが十分にわかるはずです。ですから、ブランクOKの求人にも安心して飛び込んでいくことができるのです。 サポート体制の整っている病院などはいくらでもあるので、胸を借りるつもりでドンと飛んでみましょう。また、例えばデイサービスや老人ホームといったところでも看護師の求人がありますので、そういったところから再就職をスタートさせるのもいいでしょう。きっと思ったとおりの職場が見つかるはずです。


看護師業界はブランクOKの求人が基本です

私は20代の数年間を看護師として働いていたのですが、出産を機に看護師のお仕事を一度やめることになりました。小さい頃からの憧れだった職業に就け、仕事にも充実感を感じていたのですが、乳飲み子の育児と両立させるには、看護師という職業はあまりに忙しいものだったのです。しかし、それから数年が経ち、子どもも保育園に預けられるほどに大きくなったので、そろそろ看護師の仕事に復帰したいと考えています。そこで最近はブランクOKの求人を探したりしています。

看護師は人材不足の仕事なのでブランクOKの求人も少なくありません。基本としては、やはりブランク組より若い人が優遇される傾向があるようですが、若い人にしてもいつかは結婚や出産を理由に辞めていく人が多いものですから、ずっと看護師として勤め続ける人はそれほど多くはありません。そのため、看護師業界はブランクにとても寛容なのです。よく離職率の高い職業として話題になる看護師ですが、辞めていく人が多い一方で戻ってくる人も多いというのが看護師業界の特徴です。実際、私が勤めていた病院でも一度は辞めたものの再び戻ってきたという先輩看護師の方がたくさんおられました。何がなんでも若い人しか採らないという病院でもなければ、ブランクOKの求人を出している病院がほとんどというのが看護師業界の実情です。

このように、看護師業界はブランクOKの求人が基本と考えてもよさそうです。そのことを今回の再就職活動で私自身が身をもって実感することができました。ブランク組ですから引く手あまたというわけにはいきませんが、履歴書の提出だけで追い出されるなどということは一度もありませんでした。ちゃんと面接を受けさせてくれるし、研修期間を用意してくれた病院もたくさんありました。おかげさまで、私はいくつかの病院で研修をしてみたうえで、一番自分に合っていさそうな病院を再就職先として選ぶことができたように思います。

看護師の仕事は一度辞めたからといってキャリアが絶たれるわけではありません。むしろブランクがあっても大きな問題にならない業界です。再就職を希望する方には是非チャレンジしてもらいたいと思います。


ブランクOKの求人で看護師の復職を目指す

看護師に限らず多くの仕事にとってブランクは弊害となってしまいます。特に技術革新の早い昨今ではこうした傾向は顕著で、一年や二年現場から離れると、復職する際には再度スキルを獲得するのに膨大な手間を要します。さらに看護師の場合には新薬の知識や最新の医療機器の扱い方はもちろん、採血や注射など一度身につけた技術を再度習得するのにも相当なプレッシャーとなります。看護師の方は特に人命に関わることなので、その他の職種よりも相当な心理的なハードルとなってしまいますが、こうした看護師の方の再就職にはブランクOKの求人がよく選択されます。

文字通りブランクOKの求人なのですが、小さな診療所だけでなく都心の大病院でもこうしたブランクOKの求人がよく見つけられます。これはひとえに看護師の人材が不足していることが原因ですが、ブランクの有無に関わらず優秀な資格保持者を獲得したいという医療現場の切実な願いが込められています。
もちろんブランクOKの求人といえども空白期間後にすぐに最前線に復帰するのではなく、事前の研修など十分な準備を経て職場に復帰されます。こうした研修は病院側にとってはもちろん、研修を受ける看護師にとってもブランクを克服出来る大きなチャンスなので、結婚後や出産後に一度職場を離れていた方にとっては非常に恵まれた環境になります。

もちろんいくらブランクOKの求人といえども急に大病院への転職をためらってしまう方もいらっしゃいます。実際看護師の資格はメジャーな資格の一つなので、有資格者の数はかなり存在しますが、結婚後や出産後に再就職をためらってしまっている方も多くいらっしゃいます。そうした方には各都道府県のナースセンターやハローワークの主催する復職者向けの研修を利用することをおすすめします。こうした研修では新薬の知識などはもちろん、訓練機器などを用いて採血の訓練や注射の訓練を行えるので、復職者にとっては絶好の練習の場になっています。


ブランクOKの求人の求人が結構あるので安心しました

下の子供が小学校に入学したら時間に余裕が出てきて、何だか家にいるのがもったいなくなってきました。
子供が大学に進学するときに備えて教育資金も貯めておきたいし、老後に年金も沢山もらいたいし働きに出ようと思い立ちました。
仕事を退職してから10年以上たっていて、今働きに出てもちゃんとやっていけるかどうか不安もあります。でも求職サイトをのぞいてみるとブランクOKの求人の結構あるみたいでちょっと安心しました。

以前は会社で受付や事務をしていたのですが、そういった仕事はあまりないみたいでした。でもブランクOKの求人は未経験でも良いというものも多いので、新しい分野の仕事に挑戦してみるのも悪くないと思うようになりました。
求人サイトのブランクOKの求人は営業の仕事が多かったのですが、その他にもフォトスタジオのスタッフや中古品買取業者の買取、査定スタッフなど色々な業種があります。こういう今までしたことがない仕事をするのも楽しいかもって思っています。

子供がいるのでできれば土日は家にいたいし、参観日にも行きたいのでできれば時間の融通がきく仕事が良いなと思っています。
ママ友と話をしている時も再就職したいという話題によくなります。友達の1人は今度パートで働くことにしたそうです。
以前看護師をしていた人で、現役の頃は3交代の勤務をしていたそうですが子供が出来て家庭との両立ができなくなり辞めたそうです。看護師の仕事が好きだったので子供の手が離れたら仕事に戻りたいなと思っていたら幸いブランクOKの病院が見つかって再就職を果たしたのだとか。

今度の職場は夜勤がなくて日勤だけなので家庭との両立もできるし、家庭を持つ人に理解があるので働きやすい職場だと言っていました。看護師の求人サイトで紹介してもらった職場だそうですが、今は子供の手が離れてまた働き出す看護師の人も多いそうです。
とても嬉そうなのでうらやましくなってしまいました。私も早く良い職場を見つけて働き始めようと思っています。


看護師として再度働きたいと思う今日この頃

一生続けたいと思って始めた看護師の仕事ですが、転勤族の夫と結婚をしたことで、仕事を辞めてしまいました。でも、仕事を辞めてしまったことも、夫と結婚をしたことも後悔をしているわけではなく、専業主婦として子どもと関われたことはとても有意義な時間だったと思っています。でも、最近子育てが一段落したことで、自分の時間が増え、再度看護師の仕事に戻りたいと思うようになりました。

でも、戻りたいと思う反面、ずっと医療現場から離れていたため、果たして看護師として再度働くことが出来るかという不安があるのは事実です。医療は日々進歩しています。現場から離れて10年以上経過しているため、おそらく私の知識はすでに古いものになっていると思うんです。しかも、10年以上外で働いていないため、なんとなく働くということに対してハードルさえも感じてしまいます。でも、だからと言って何もしないというのももったいないし、子どもの教育費もこれからどんどんかかるので、収入を増やしたいという家計の事情もあります。

どうしようと思いつつ、何も動けない日々を過ごしているわけですが、求人サイトなどをチェックすることが増えてきました。それらをみるとブランクOKの求人なども見つけたりもするので、私でも雇ってもらえるのではないかという一縷の望みのようなものを感じます。でも、本当にブランクのある人を雇ってもらえるのだろうかという更なる不安も生まれ、応募するという勇気がでない状態です。

看護師は病院のみではなく、介護施設などでも働く人が増えているようです。介護施設をみるとブランクOKの求人が多いので、最初は介護施設で働いてみようかなと思ったりもしています。

周囲を見回してみると、看護師に限らず多くのママ友達が社会復帰を果たしています。私もしり込みをするのではなく、ダメもとでも良いからブランクOKの求人に応募して一歩前進しなければいけないなと思うようになりました。


看護師のブランクOKの求人がある理由

看護師の求人情報を見ていると、ブランクOKの求人があることに気づきます。看護師は医療機関内で非常に重要な役割を果たしています。そのような状況であってもブランクOKの求人があることにはきちんとした理由があります。

まず、看護師はいつの時代も需要の高い職業です。そのため多くの医療機関が看護師を欲しているのも事実です。看護師の仕事内容は患者の検査や注射、それに点滴を行ったりと、経験がものをいう仕事が多々あります。しかしそれとは対照的に短期間で覚えられる仕事もあります。それは入院患者のためのベッドメイキングや検温などです。このような仕事はブランクがある看護師でも行うことができます。

こうした仕事を補助する看護師がいることでベテラン看護師が他の仕事に集中することができ、結果としてそれらのベテラン看護師にかかる仕事上の負担を軽減することができるのです。そのためブランクがあるものの看護師として働いたことがある人の助けは大変貴重なのです。こうしたことを目的とするために、ブランクがある看護師であっても働いてほしいと願う医療機関が存在するのです。

このようないわゆるライトジョブを必要とするケースは他にもあります。それは企業などが依頼する健康診断です。
大きな企業の中には医療機関にお願いして社員の健康診断を一日かけて行うよう、計画するところがあります。このような場合に一日だけ看護師として働くことができる人を募集することがあります。

しかしすでに看護師として働いている人は自分の持ち場を離れることができないために、看護師として働いたことがあるものの、今は仕事を行っていないという人の助けを求めることになります。このような状況もブランクOKの求人が見られる一つの理由です。

このように仕事にしばらく携わっていなかった人でも、再び看護師として働けるチャンスは十分にあります。そのため看護師の求人広告や求人サイトを見て「ブランクOKの求人」の言葉を探すことができます。