看護師はブランクがあっても問題ありません。

高齢化社会に伴い人材が不足している看護師はブランクOKの求人として挙げられる代表的な職業です。特に結婚を理由に一度退職して子供がある程度成長することによって職場復帰をする人は少なくありません。
ブランクといっても期間は様々ですが長い人だと10年以上経って職場復帰する人もいます。復帰直後は時代の変化で少しやり方が変わるので戸惑いますがすぐ対応できます。

また新人の看護師に比べると一度現場を経験したことは大きく比較的早い段階で貴重な戦力になっています。
現実問題としてブランクOKの求人というのはまだまだ少ないのですが看護師には特に年齢制限がないことからブランクがあっても職場復帰しやすい環境とも言えます。

多くの場合は高校を卒業すると看護学校に進学してそこで看護師免許の取得を目指します。そして看護師免許を取得し卒業すると同時に看護師として働くことになります。

しかし30歳を過ぎて別の業種から看護師を目指す人も沢山います。年齢に関係なくやる気があれば誰にでも看護師になれる可能性があるわけです。
ですから長いブランクを経て40歳前後で職場復帰すること何も支障がありません。これは50代の人にも言えることです。ただ最近はパソコンを使って患者さんの健康状態を管理をしているのである程度パソコンの技量が求められます。

しかし簡単なキーボード操作やインターネットが利用できるのであれば問題ありません。もし職場復帰を考えていてパソコンに不慣れであれば自宅で少しずつ操作をしておくと良いかもしれません。お子さんがいれば教えてもらえばすぐ覚えられます。
パソコン操作は看護師の仕事に限らず必要になってきているので覚えておいて損はありません。

看護師がブランクOKの求人として浸透するようになり看護師不足もやや緩和しました。多くの病院では週に数回で短時間からの勤務が可能になっています。給料もパートで他の仕事を行うよりも高いので頑張って取得した看護師免許を活かすためにも職場復帰を考えてみてはいかがでしょうか。