2016年03月 一覧

唐突に仕事を辞めたい心境に陥った時の対応

唐突に仕事を辞めたい心境に陥る事もありえますが、そういう時には勢いに任せて辞めるのではなく、まずは冷静に現状認識から入る事が必要です。

辞めたい理由を整理してみて、次の職場に変える時にも単純に給料が安いという事や人間関係に問題があるという事で辞めた場合には、高い確率で次の職場でも同様の問題が発生する事になります。

辞める事によってさらに現状よりも良くない状況に陥る場合もありますし、勢いだけで辞めてしまうのはリスクがあり、給料が安い場合は今の職場で上げる方法が無いか模索したり、交渉してみたり、人間関係の問題に関しても相手側だけではなく、職場での自身の対応から発生している事もありますから、現状認識した上で次の職場に変わった時に現状よりも良くなるかどうか判断する事が必要です。

キャリアを高める為に仕事を辞めてステップアップする事は有効ですが、やはり現状の仕事である程度認めてもらえたり、次の転職先で自身の技術を高く評価してもらえた上で移る事が望ましいですし、特に技術職等の場合は経験値を積み重ねる事で転職しやすくもなります。

手に職がある仕事は転職しやすいですし、国家資格を持つ看護師等は資格も半永久的で結婚や引越し等でブランク期間が長かったとしても次の職場が見つけやすい傾向にあります。

いずれにしても辞めて次の職場を見つける事が出来る状況を作った上で行動取る事が望ましく、技術を備えていない場合は転職し辛い可能性もありますし、仕事を辞めたいと感じる事はあっても、勢いで行動せずに対応する事が必要です。

仕事を辞めたい場合でも現状何か出来る事は無いか考えたり、現状の職場で技術を高めたり学んだり、さらに人間関係を円滑にする方法を模索する事は有効と言えます。

仕事を辞めた後に楽な生活に馴染んでしまう事もありますし、そうなれば次の仕事を探さなくなる事もありますから、次の職場や目的を明確にした上で辞める事が望ましいです。


看護師の仕事内容は色々とありとても重要

看護師の仕事内容はとても色々とあって説明が難しいところがあります。ですので、順を追って一つずつ確認していきましょう。
まず、看護師の仕事内容というのは医師が行う診察をもとに、その時の指示によっていろいろとしなければいけないので大変です。あれを持ってきて、これを持ってきてという医師からの指示通りに動かなければいけないですし、それに間違いがあってはいけないので大変に神経を使うことになります。また、患者の入院生活といったことについても手助けする必要があります。しかしそれも、何もかもを手伝ってあげるのではなくて、患者の状況によって徐々に手を貸すのを止めていき、最後には全部一人ででもできるように見守ってあげる必要があります。ですから、どこまで手を出してもいいかと言うのは看護師の知識と経験がものを言うのです。
また、看護師の仕事内容は患者さんの病気の進行具合や薬の投与、また治り具合といった全てのことについて把握している必要があります。そして、何か変化があった時には速やかに医師に知らせる義務があります。
また、看護師の仕事内容としては患者さんだけでなく、そのご家族にも対応する必要があります。今どんな状態にあるのか、どんなリハビリをしているのかということを説明する必要がありますし、とても信頼関係が必要になるのです。
また、看護師の仕事内容としては常日頃の勉強と言うのも大きいのです。医療は常に進化しますから、それについていくためには度々研修会や勉強会といったものを開いて、どんどん知識を蓄えていく必要があるのです。こういったことをどんどん重ねて言って、さらに看護師として一段二段と上に行くために日々努力しているのです。こういったことを通して看護師は己を鍛え、さらにプロとして患者さんのためになるようにがんばっているのですね。やはり、千里の道も一歩からというように、少しずつ山を登るような感覚でがんばっているのが看護師なのだということがわかります。 


ブランクOKの求人は多く見られている

看護師の仕事をしている中で、介護や子育て等の様々な事情で仕事を中断した人も多いと思います。それが落ち着いて再就職したくても、ブランクOKの求人があるのかどうか不安に感じるケースも少なくありません。
しかし求人情報にはブランクOKとしている所が多く見られます。看護師は人手不足も深刻で、これからの高齢化社会を支える存在として常に人材が求められています。そこでブランクのある方に対し、仕事復帰前に感覚を取り戻すための研修を実行している所もあるのです。
そのためブランクOKの求人も多く、仕事を離れていた期間があっても心配する必要はありません。これからも社会を支える必要な存在として活躍してほしいと思います。
看護師は確かに知識や技術が重要視される職業ですが、実は最も大切になるのは患者が治療やリハビリに取り組むための精神的なケアだと感じています。知識や技術があってもこの点がしっかりできていない看護師もいますので、この点を大切にして患者から信頼される看護師を目指してほしいと思います。
ブランクは不利だと考える人もいますが、患者を助けたいという気持ちをしっかりと持っていれば必ず採用してくれる所はあります。どうしても不安な場合は、研修制度の充実した所を選択して先輩職員の指導を受けながらスキルを取り戻していく事をお勧めします。
ブランクOKの求人は、大きな病院から診療所まで様々な医療機関、福祉施設といった選択肢があります。自分に合った形で職場を選び、長く働き続ける事も可能なのです。ぜひ看護師として復帰して多くの患者の身体的、精神的ケアを行うプロフェッショナルとして活躍してほしいと思います。
看護師の資格を取得し、知識や技術を磨いてきた事は様々な苦労もあったと思います。仕事復帰をする事は、あなたの能力を再度社会のため、人のために発揮できる充実した日々を過ごす事にもつながります。社会はあなたの復帰を待っているのです。


ブランクOKの求人を効率良く見つけられる紹介会社

看護師としての転職活動などを考えている方は、しばしばブランクを気にしています。と言うのも人によっては、以前に勤めていた時期から少し日数が空いている事があります。それが理由で、転職活動が難航している事例も見られる訳です。
そもそも病院としては、ブランクがある人材を敬遠している傾向があります。ブランクが長い場合は、腰が落ち着かないとのイメージがある病院も珍しくありません。
しかし全ての病院が、ブランクを敬遠しているとは限らない一面があります。一部の病院ではブランクがあっても問題無い訳です。
ところでブランクがある方々は、いわゆるブランクOKの求人を探している傾向があります。ただその求人を探す上でも、効率が求められることも珍しくありません。数多くの案件の中から、ブランクOKの求人を探すのも大変です。それで人によっては、見つけるまでに苦労している事もあります。
ブランクOKの求人を効率良く見つけたい時には、人材紹介会社という方法もあります。実際それで、かなり効率良くお仕事を見つけている事例もあります。
その流れなのですが、まずは人材会社に登録をします。ちなみに登録の際には、費用がかかる事はありません。基本的には無料になります。
そして登録手続きをする際には、紹介会社の担当者が様々なニーズをヒアリングする事になります。上記のようなブランクに関わる懸念点がある時には、担当者にその旨を伝えてみると良いでしょう。すると担当者としては、ブランクOKの求人をいくつもピックアップしてくれるからです。数多くの求人の中からそれを発見するのは大変ですが、人材紹介会社の場合は独自の検索システムがあるので、とても効率良く発見できる訳です。
また人材紹介会社の場合は、ブランクOKの求人の数も非常に多いです。いわゆる転職サイトで発見できる求人よりも、紹介会社の方が遥かに多くのデータを抱えている事もあります。
ですのでブランクが気になる時には、紹介会社に登録をしてみるのも一法です。


血圧の測定に採血や点滴などがあります

時代が変わって看護師の仕事内容も少しずつ変化しています。血圧を測定する時は以前であれば手動でやっていたのですが、今は腕に巻いてマジックテープで止めてボタンを押すだけで出来てしまいます。巻く位置に関しては既にお分かりかと思いますが、腕の上の方という事になります、あまりきつ過ぎず、かと言って緩くしない様にするのがコツでしょうか。あまり深く考えなくても、慣れてしまえばできますから問題はないと思います。

最も重要なのは採血かもしれませんね。これは相手の体に針を突き刺す事になりますから、非常に神経を使います。小さな傷とは言っても怪我を負わせる訳ですから、それを最小限にとどめる様に努める事が肝心なのです。採血が1本だけであれば比較的短時間で終わらせる事が出来ますけど、複数の場合は可能な限り早く終わらせるようにしましょう。ゆっくり慎重にというのと、急いで素早く終わらせるという両方を意識しなければいけないために大変なのですが、ここが腕の見せ所とも言えますので何度も練習するのが大切となります。また、頭の中でその時の様子をシミュレーションする事も忘れないようにしましょう。現場でのミスを少なくするのには欠かせない取り組みです。

点滴は食事が難しい状態となっている患者さんに対して栄養補給を行う事を目的としています。看護師の仕事内容としては割と知られていると思いますが、こちらも採血同様に針を刺すという事をしますので真剣にやらなくてはいけません。ただ、こちらは採血とは違って出血させる訳ではありませんから、急いで終わらせる事を意識する必要はありません。慎重に、どうすれば痛みが最も少ないかを考えながら最適な場所に針を刺すようにしましょう。

その日の一連の行いをまとめれば仕事は終わりです。次の担当の看護師はそれを読みますから、人が見ても理解しやすい様な書き方をしなければいけません。看護師の仕事内容は簡潔に書くようにしましょう。