2016年02月 一覧

看護師はブランクOKの求人が多いので心配しないで!

看護師への再就職を考えている方は諦めないでください。ブランクOKの求人は結構あるものですよ。私も育児のために4年間ほどのブランクがあったのですが、今では再び看護師として働き始めています。病院の他の看護師さんのなかにもブランクを経て復帰したという方も多いようです。看護師のお仕事はとても大変ですので、育児との両立がなかなか難しいものです。そのため出産を機にお仕事を辞める人も少なくありません、しかし、そのなかの多くの女性は数年間の育児の後に再び病院へと戻る傾向があるようです。それゆえ、ブランクOKの求人募集をしている病院も多く、数年のブランクがあれども再就職先には困りません。ですから、ブランクがあるからといって再就職を諦めることは決してしないで下さい。ちゃんと探せば、きっとブランクOKの求人を出している医療機関が見つかるはずです。

看護師という職種が基本的にブランクOKの求人であるといっても、やはりブランクがマイナス要素になることは否めません。病院としてもブランクがある元看護師より、ブランクのない現役看護師を積極的に採用したいところでしょう。しかし、今の日本は慢性的な看護師不足に陥っていますから、病院としても選り好みはしていられないという現状のようです。つまり、看護師業界は売り手市場なのです。だから、元看護師の方は自信をもって再就職に臨んで下さい。

再就職活動を有利に進めるためのコツもあります。それは看護師セミナーに参加することです。看護師セミナーでは最新の医療知識を教授してくれるので、そこで勉強すればブランクを埋め合わせることも可能です。また、再就職を希望する元看護師のための研修を受け入れている病院も多々あります。そうしたところで経験を積み、履歴書にそのことを記せば、病院側も評価してくれるようです。再就職活動を上手く進めるためにも、看護師セミナーや研修の参加は是非ともおすすめしたいところです。

出産を経た女性は生命の機微を学ぶので、人間性に深みが増します。そのことが、病や怪我に付き添う看護師というお仕事ではとても役に立つものです。どうか自信をもって、看護師に再就職してください。


看護師として復職するならブランクOKの求人を探そう

看護師の男女比は、やはり女性の方が圧倒的に多いです。近年は男性の看護師も増えて来ましたがまだまだ女性の力によって支えられている部分が多く、長年看護師として勤めている女性も決して少なくありません。

しかし、結婚や出産を機に一度現場を離れてしまう女性看護師が多いのもまた事実と言えます。現在は女性の社会進出も進んでいるとは言え、やはり家事や育児の比率は女性に偏りがちであり、たとえ看護師であっても結婚や出産によって家庭に入るケースは珍しくないのです。
とはいえ、一度現場を離れた看護師であっても、子供がある程度成長して手が離れる頃になると復職を考えるケースもまた非常に多いものです。看護師という特殊技能を持っている方は資格を活かした復帰を志しやすいので、実際に子育てを経てから現役復帰を果たす女性看護師の数はとても多いと言われています。

しかしながら一度現場を離れた期間を持つ看護師の方にとって、やはり現場復帰というのは不安や緊張を伴うものでもあります。医療技術は日々進歩している為、現役で働いていた頃とは異なる知識が必要な部分がある可能性も否定はできません。一度現場を離れた看護師が現場に復帰するなら、ブランクOKの求人を探して応募してみるのが最も理想的でしょう。ブランクOKの求人なら、雇用主側もブランクがあることを前提とした採用を行っています。その為、実務に入る前に現在の知識を補う為の研修を用意してくれていたり、ブランクによる知識や技術の差があまり生じない業務を任せてくれたりすることが期待できます。もちろん現場での仕事に戻ってしばらくすれば、すぐに離職中のブランクを感じないほど今の業務にも慣れてくるはずです。

ブランクOKの求人は、看護師専用の求人情報サイトなどを利用すると比較的探しやすいと思います。看護師に関する求人情報だけを扱っているサイトなので効率良く求人を探すことが可能で、ブランクを持つ方でも安心して復職への第一歩を踏み出すことが出来ることでしょう。


ブランクOKの求人を見つけて思い切って飛び込もう

看護師の仕事に就いたものの、理由があり一時仕事を辞めて家庭に入るということもありえます。また、別のやりたいことが見つかったから一度看護師は辞めてその仕事をしたものの、やはり看護師の方が性に合う、ということで戻ってきたいと考える人もいます。そんな人たちに対して、果たしてブランクOKの求人というのがあるのでしょうか。やはり、看護師はやっている間は大変だと思っても、一度その職業を離れてみるとどんなに充実していたか、また自分に合っていたかを実感する人というのは多いようです。それだけ素晴らしい職業であることは周知のとおりですからね。

結果として言えば、ブランクOKの求人は沢山あります。やはり、看護師は大変な仕事であるだけあり、求人も後を絶たないものなのです。そして、一度でも看護師として働いた人と言うのは人材としてとても貴重なのです。ですから、ブランクOKの求人を見つけたらどんどんその求人に応募するのがいいでしょう。

しかし、一度看護師を辞めてしまうと、たとえブランクOKの求人があったとしても少々不安に思うと言う人もいますよね。でも、心配する必要はありません。兎に角この仕事は実務をこなすことでだんだんと勘が戻ってくるものですし、やはり最初は研修期間を設けてくれるものです。ですから、仕事に対してそんなに不安に思う必要と言うのはありません。また、家庭などについても同様です。ある程度大きなお子さんだったらお母さんの仕事がどんなに責任重大で、しかも大切な仕事であるかが十分にわかるはずです。ですから、ブランクOKの求人にも安心して飛び込んでいくことができるのです。 サポート体制の整っている病院などはいくらでもあるので、胸を借りるつもりでドンと飛んでみましょう。また、例えばデイサービスや老人ホームといったところでも看護師の求人がありますので、そういったところから再就職をスタートさせるのもいいでしょう。きっと思ったとおりの職場が見つかるはずです。


看護師が仕事を辞めたいと思うとき

知り合いには看護師として働いている人が多くいます。なぜだかはわかりません。私は全く違う仕事をしています。看護師の友人が言うのは、本当に何度も仕事を辞めたいと思ったことがある、ということでした。彼女の職場は通常の職場よりも給料は安かったのですが、職場の寮が格安である条件から彼女は数年間はそこで働く必要があったんです。

正直、私からすれば彼女にとって看護師と言う仕事は天職だと思っています。看護師の仕事のことはよくはわかりませんが、手術室に助手として入ることができる看護師はかなり優秀な人が多いそうです。その彼女はしょっちゅう手術室で仕事をしていて、手術室経験ならそこらへんの看護師には負けないと言っていました。

その彼女が仕事を辞めたいと思うときは、本来の看護師がする必要のない仕事をさせられているときだそうです。病院に長く入院している患者さんの中には、家族が全くお見舞いに来ない患者さんもいるようです。そうすると、患者さんの身の回りのお世話をする人がいないということになります。家族に放置された患者さんの場合、衣服など洗ってくれる人がいないため看護師が仕事ではなくても患者さんの衣服を洗ったりすることになるそうです。そんなとき、彼女は仕事を辞めたいと思うそうです。

また、職場は例えば5人しか看護師を雇えないことになっています。そこで、5人のうち2人が突然産休に入ると5人でやる仕事を3人でやる必要がでてくるんです。夜勤もある看護師の職場でです。職場としては産休をとっている看護師に給料を支払っているわけですから、臨時の看護師を雇うと予算オーバーになってしまうので雇わないんです。そんな忙しいときに、家族が面倒をみない患者さんの衣服を洗濯しなければならなくなったら本当に仕事を辞めたいと思ってしまうはずです。看護師は給料が安めといっても、他の職種に比べれば技術職で給料も高めです。ですが、そういった職場の事情などから、いくら看護師という仕事が好きでも、仕事を辞めたいと思う瞬間はあるようです。