2016年01月 一覧

看護師専用転職サイトなら直ぐに見つかります

比較的ブランクOKの求人が多いのが看護師なのですが、それまで長期間に渡って医療現場から離れていたとなると復帰にも勇気がいるかもしれませんね。毎日の様にやっていた様々な事、例えば採血や点滴の用意などもやり方を忘れてしまうという事があるからです。再度やり始めれば適応するのに時間は掛からないとは思うのですが、やはり心理的には果たして上手く行くかどうかと不安になる物でしょう。

そういう元看護師の方に向けて、独自の対策を行っている所もあります。例えば夜勤はしなくていいですよ、日勤で働けますという事を強調する等の事です。夜中にやるのって、やっぱり大変なんですよね。若い人達でもそれなりにツライものですから、復帰したての看護師さんにとっては尚更となるでしょう。そこで、働く時間帯を限定するという配慮をしてくれている訳です。

ブランクOKの求人をしているという事自体は、それほど特別視するほどではありません。というのは看護師業界というのはそんなに人が余っていないんですね。それどころか足りていないのですから、少しでも多くの人達を集めたいと必死になっているのです。だからこの文字を見ただけで、やった!等と思ったりせずに、その内容について細かく見ていく必要があるでしょう。先程の日勤で働けるというのも、重要なポイントとなる訳ですね。

看護師専用の転職サイトもありまして、ここでもブランクOKの求人を募集している事がよくあります。こちらの方でとりあえず見つけるのが簡単なのでオススメですね。全体的な作りに関してもしっかりしており、特に使い勝手が悪いとか見づらいという感じにはなっていません。

『ナースではたらこ』とかは結構昔からありますよね。具体的にはこの様のサイトを利用して見て下さいという事なのです。資格はあるけれども、実際には看護師として活躍してない潜在的な看護師は数十万人はいるとされますので、その人達には特に役立つかと思います。


何年ブランクがあっても看護師としてやっていけます

看護師として復職する事に躊躇するというのはよくある事ですが、それ程意識しなくてもどうにかなるケースが大半ではないかと思います。やはり一度は経験した事がある訳ですから、頭の記憶が薄れていても体の方は覚えている物なのです。ブランクOKの求人は看護師用のサイトでいくらでも紹介されているので、再就職先が無いという理由で困り果ててしまう事はほぼ無いはずです。

いきなり現場復帰というのが難しければ、まず見学だけしてみると良いでしょう。新しい職場な訳ですから、当然それまでの人間関係とは全く別の環境となります。その時にやって行けそうかどうかを確認するという意味があるのです。そこまでしてもらって断るのはどうもという人もいるかもしれませんが、全ての人に来てもらう事を前提として見学をしてもらっている訳ではありませんから、特に罪悪感みたいな物を感じなくても大丈夫でしょう。

ブランクOKの求人の条件はかなり良い事が多いです。これは看護師というのの絶対数が少ない事が関係しているとされています。お医者さんのお給料が高いのと同じですよね。人数が少なければ自然と待遇は良くなる物なのです。5年とか10年くらい現場から離れていても、それを問題視される事はまずあり得ません。そういう人達も含めた上でブランクOKの求人を出している物なのです。

再度、看護師として働き始めた場合に自分が上手く適応できるのかが気になる所ですが、あまり不安ばかりを膨らませるよりも、行動をする事に意識を集中すべきだと思います。そうすると自然と現場になじんでくるものなんですね。また、最も重要なのは患者への対応です。自分の事を考えるのは人間として当たり前なのですが、あくまで病院の主役だと言えるのは病人である患者さんなんですね。少しでも元気になってもらおうという意識でいる事が大切です。細かい仕事の動きを覚えているかどうかよりも、こちらの方が遥かに重要な事だったりします。


看護師の仕事内容とその大変さについて

今の医療現場は、非常に厳しい職場の代表としてとらえられることもあります。確かに勤務時間は長く、その時間も不規則で責任も重いというイメージばかりが先に立ちます。しかしながら実際の看護師の仕事内容を並べてみるとやりがいもその見返りも非常に大きいものであることもわかることです。この看護師の仕事内容をプラスにとらえて考えてみるべきでしょう。

その看護師の具体的な業務ややりがい、見返りについてもご紹介したいと思います。まず、プラス要素であるやりがいです。これは何といってもどんな職場であっても看護師には患者さんの笑顔という最高の報酬があります。患者さんはどんな病状であれ、医師や看護師に対して全幅の信頼をもって臨むことになります。これを重荷と感じたり、プレッシャーと感じることもあるかもしれませんがこう感じてしまう方にとって、看護師という職業は不向きととらえたほうがいいのかもしれません。
実際に報酬に関しても夜間勤務、時間外手当、そもそもの勤務時間が普通の職業よりも長いため、給与も必然的に高くなるわけです。こちらについても夜勤や長時間勤務がつらいと感じるようであれば、非常に厳しいかもしれません。

次に看護師の仕事内容です。こちらも大病院と開業医、そして入院設備がある病院、手術設備がある病院、そして専門によって大きく異なります。開業医のように規模が小さければ、少人数で薄く広く業務をこなすことが必要です。逆に大病院であれば、業務が細分化されています。受付から入退院の手続き、入院患者のフォローまでとにかく業務に関しては多種多様にわたります。こうした看護師の業務内容をこなすためには専門学校での基礎知識もさることながらとにかく、実務経験こそが宝になります。しっかり、実務をこなしながら自分自身が看護師に適性があるかどうかを見極めていくことになります。ここに至るまでに2年か3年の実務経験が必要となるわけです。


知っておくべき看護師の仕事内容とは

看護師は多くの女性が憧れる職種の一つです。確かに病気の人の世話をする看護師は思いやりや気遣いの示せる人でなければ勤まらない仕事であり、病院で見る看護師さんたちは非常に魅力的です。このような看護師になりたいと思っている人は、看護師の仕事内容をあらかじめよく理解しておく必要があります。なぜなら看護師の仕事内容は人前で見せる華やかなものだけではないからです。

まず看護師の仕事のメインは患者の診察や治療の補助、そして患者のケアです。また入院施設のある病院で勤務する場合、入院している患者の世話をすることも仕事内容に含まれます。またベッドメイキングや患者の記録など、人目につかないところでの仕事をすることもあります。

患者の診察や治療の補助とは具体的に述べるならば血圧や体温の測定、そして注射や点滴などを挙げることができます。そのため患者の体に触れたり、針をさしたりすることがあるために、十分注意しなければなりません。また入院患者の世話に関しては定期的な体温計測や食事の援助、また動けない患者の体を清潔に保つための手助けなどが含まれます。そして24時間体制で入院患者をケアしなければならないために、交代勤務を行わなければなりません。またときには重たいものを運ばなければならないこともあり、重労働となることもあります。

この他にも様々な仕事が関係しており、覚えることもたくさんあります。しかし最近では男性の看護師も増えており、力仕事や体力仕事を行う点で、女性看護師を助けてくれています。確かに看護師は華やかな職種の一つです。しかし看護師になりたいという漠然とした願いを持つ前に、看護師の仕事内容をしっかりと理解しておくことは非常に重要です。このような点をまず考慮し、自分は看護師に向いているかどうかをチェックするのです。どんな仕事でもそうですが、決して楽な仕事など存在しません。そのため華やかなこの仕事の全てを知り、この職業について熟考することが必要です。


特別養護老人ホームでの看護師の仕事内容

特別養護老人ホームという施設があるのは周知のとおりですよね。これは、お年よりのための施設ですが、ここでも看護師が沢山働いています。老人ホームと言うと、どちらかといえば介護士の仕事場というイメージが強いのですが、それではここでの看護師の仕事内容とは一体どういったものなのでしょうか。

この特別養護老人ホームにもいろいろと形態があり、住まいとなっているところもあればディサービスとして利用できる施設もあります。こういった施設を利用することで介護に苦労していた家族が救われ、お年よりも穏やかな老後を送ることができるのです。そして、そんなお年よりと共にいる看護師の仕事内容は、やはりお年寄りの健康管理と言うことになります。お年よりは若い人に比べてちょっとした天気や気温の変化、それに季節の変わり目などに体調を崩してしまうことが多いのです。ですから、看護師はそういったお年寄りを常に注意深く見ている必要があるのです。

具体的な看護師の仕事内容としては、薬を管理したり栄養管理をしたり、また急な体調変化に対しても対応する必要があるのです。常に医師がいる環境ではないのでなかなか大変なこともありますが、何かあったときにはすぐに提携している病院に連絡すると医師が駆けつけてくれるので、慣れてきたら冷静に対応できるはずです。

しかし、基本的に急患が運ばれてくるような病院業務とは違い、患者に対応するという業務ではないので、看護師の仕事内容としては比較的のんびりと過ごせるのも特徴と言えるかもしれません。また、入居者であるお年寄り一人一人とゆっくり向き合って話ができると言う点でも、あわただしさがないのでメリットと言えます。また、基本的に夜勤がないところも多いので看護師の仕事内容としてはやはり夜勤経験者にとっては楽だと感じるかもしれません。 こういった点から、特別養護老人ホームで看護師をすると言うものまた働き方としていいのではないでしょうか。


ブランクOKの求人は絶対に必要です

看護師の免許を持っている人は多いとよく聞きますが、実際に仕事をしている人はそれよりもかなり少ないみたいです。もちろん理由は人それぞれですが、その中でも多いと思われるのが、ブランクがあるからです。
どういうことかというと、看護師はやはり女性が多い職業です。ということは、出産や育児で仕事を辞めてしまう人が多いということになります。そして、仕事を再開する人も少なく、免許を持っているのに実際に仕事をしている人が少ないという構図になってしまうのです。

ここで必要になるのが、ブランクOKの求人です。今現在看護師の仕事をしていない人の中には、復職したいと考えている人もいることと思います。ですが、ブランクが壁になっていて中々復職出来ない人が多いのではないでしょうか。ですが、ブランクOKの求人が多数あれば、そういう人でもまた仕事が再開出来ることと思います。再開したいのに中々出来ない人がいるというのは、凄くもったいないことだと思うのです。確かに、看護師を募集する際は急いでいることが多いと思います。ですが、新人を採用するわけではなく、経験がある人を採用するわけですから、新人を育てるよりはずっと早く仕事を覚えられると思いますし、勘だって戻ると思います。仕事を休んでいた人にとって復帰しやすい環境になればとついつい思ってしまいます。

確かに、仕事復帰は簡単ではないでしょう。ですが、戻れる場所がないなら復帰のしようもありません。ブランクOKの求人が少しでもあれば、全く違うのではないでしょうか。色んなところでというのは無理かもしれませんが、少しでも増えればいいなと願わずにはいられません。たくさんの看護師が復帰すれば、個人の忙しさも全く違ったものになると思います。看護師の仕事そのものがハードなのに、人が足りないのではさらに大変ですし、大変と分かっていながら復帰する勇気も中々出ないと思います。ですが、環境がある程度整っていれば復帰もしやすいのではないでしょうか。


仕事を辞めたい看護師に知ってほしい再就職のリスク

看護師の方の仕事は言うまでもなく激務なので、仕事を辞めたいと感じる看護師の方も多いでしょう。確かに夜勤や半夜勤など不規則な勤務時間が多く、仮眠中も緊張が消えない職場なので肉体的にも精神的にも辛い仕事ですが、必ずしも仕事を辞めたいという選択が正しいとは限りません。

看護師の仕事は高度なスキルを要求され激務である代わりに、非常に待遇面では優遇されています。同年代の方よりもはるかに平均年収などが優れていますが、基本給の他にも夜勤手当てなど各種の手当てが充実しているので、年収ではかなりの額になります。また賞与なども充実していることが多いので、看護師から一般職へ転職した方の多くは給与面での不満を感じます。

しかし、いくら給与がよくても体を削るような働き方をしていれば、いずれ病気となりお金どころではなくなってしまいます。そのため看護師の給与がいくらよくても最悪の場合には仕事を辞めたいという選択を重視せざるを得ないのですが、その際にはキャリアデザインについてしっかりと考える必要があります。

看護師の仕事はキャリアの積み重ねて認定看護師や専門病棟など様々な可能性が広がります。20代の前半から将来のキャリアを見越して働いていれば、感染症看護や糖尿病看護など特定分野の高い看護スキルを生かし、サラリーマンや自営業の方よりもはるかに優れた医師並みの給与を得ることが出来ます。

将来的にそうした高待遇を受けられる可能性の高い看護師の資格ですが、欠点としてはブランクが大きなハンデになるということがあります。看護師の世界は日々刷新される新薬の知識や最新の医療機器、採血など高度で繊細な作業など様々なスキルを毎日磨いていかなければなりません。しかし、一度職場を離れてブランクが出来てしまうとこうしたスキルを再度獲得しなければならないので、これまでのキャリアを無駄にしてしまうことになります。このように看護師の仕事は激務ですが、辞めるときにはこれまでのキャリアや将来の展望を見越した上で決断ください。


ブランクOKの求人とそれを探す2つの方法

看護師のお仕事を探す方々の中には、ブランクがある方も見られます。いわゆる転職活動をする方々ですが、過去に退職をしてからかなり日数が空いているケースも見られる訳です。
そのブランクがどれ位の長さならば問題無いかは、色々な説が見られます。3年以内に退職しているならば問題無いと見なすケースもありますし、2年以内ならばブランクとは考えられない等のケースなど、色々とあります。

いずれにしてもブランクがあるとなると、お仕事を探している本人としては不安を抱えている事が多いです。なぜなら看護師として働く上で、それが障害になってしまうとも考えているからです。
実際確かに、ブランクは人事選考には大きく関わってきます。会社によってはブランクが長い方々を敬遠している事もあるからです。

しかし中には例外の会社も見られます。ブランクがある方々を「全て」の病院が敬遠しているかと言われれば、必ずしもそうとも言えない一面もあるからです。
例えば病院Aの場合は、ブランクの年数が8年くらいならば問題無いと考えているとします。ところが病院によっては、5年以内などと色々考え方が異なる訳です。つまり、中にはブランクOKの求人も見られる訳です。ですので一度はどこかの病院を退職した看護師の方などは、ブランクOKの求人を探しているケースも少なくありません。
ブランクOKの求人を探す方法は、主に2つあります。看護師のお仕事探しサイトと、人材紹介の会社です。

まず前述のサイトでは、いわゆるキーワードなどを用いて調べるケースがほとんどです。絞り込み検索をすれば、比較的効率良くそのタイプの求人を見つけられる傾向があります。
それに対して後者の場合は、人材紹介会社の担当の方にそれを伝えるケースが多いです。ブランクがあっても問題無い求人を探したいという旨を伝えれば、紹介会社の方が最適な求人をいくつかピックアップしてくれます。

いずれにしてもブランクがあっても問題無い求人は、いくつも見られるのは事実です。それを比較的数多く見られるので、前日の方法で探してみると良いでしょう。


看護師の様々な仕事

看護師というのは女性の鉄板の職業のみならず最近では男性でも注目の仕事となってきてますが、その看護師の仕事内容については多岐に渡るので全体を把握するのは中々難しいと思います。今回はそんな看護師の仕事内容について簡単に説明していきたいと思います。

まず看護師の仕事内容としては当然ながら医者の補助や患者の看護というのがあります。一日のスケジュールに沿って説明していきますと、まずは起床後の患者さんへの検診や問診などの朝見回りがあります。それが終わったあとは当然引き継ぎに為にそのデータなどを更新したり、朝のカンファレンスなどに向けての情報整理などがあります。

こちらが終わると夜勤務と日中勤務が交代して、今度は日中での看護が始まります。基本的にはこちらも検診や問診・血圧脈拍の測定などがありますが、日中業務としては検査への申し送りや付き添いなどがあり、それらで得られたデータなども整理したり医者に送ったりなどという事務作業があります。また患者の看護という点では、最近多くなってきた高齢者のケアというのありますが、こちらは食事介助から入浴介助まで色々と大変なものであるというイメージがあります。

このような日中の定期的な看護の他には、もちろんではありますがナースコールなどで緊急に呼び出しが掛かった場合の看護というのもあります。緊急時のものから間違えたものなど多岐に渡りますが、こちらも患者さんは辛い状況にあってやることなので、責任が生まれる仕事内容であり看護師らしい職業に付きまとうものだと思います。

このように看護師の仕事内容について簡単に説明していきましたが、特に看護師の仕事というのは日勤と夜勤というシフト体系があるというのも忘れてはなりません。夜勤自体はお給料もいいのですが、反面患者さんの容態が悪化したとなったときは、正確な看護や処置が必要になりますので、その辺は日頃から学んでおくことが大切になるのでしょう。


看護師業界はブランクOKの求人が基本です

私は20代の数年間を看護師として働いていたのですが、出産を機に看護師のお仕事を一度やめることになりました。小さい頃からの憧れだった職業に就け、仕事にも充実感を感じていたのですが、乳飲み子の育児と両立させるには、看護師という職業はあまりに忙しいものだったのです。しかし、それから数年が経ち、子どもも保育園に預けられるほどに大きくなったので、そろそろ看護師の仕事に復帰したいと考えています。そこで最近はブランクOKの求人を探したりしています。

看護師は人材不足の仕事なのでブランクOKの求人も少なくありません。基本としては、やはりブランク組より若い人が優遇される傾向があるようですが、若い人にしてもいつかは結婚や出産を理由に辞めていく人が多いものですから、ずっと看護師として勤め続ける人はそれほど多くはありません。そのため、看護師業界はブランクにとても寛容なのです。よく離職率の高い職業として話題になる看護師ですが、辞めていく人が多い一方で戻ってくる人も多いというのが看護師業界の特徴です。実際、私が勤めていた病院でも一度は辞めたものの再び戻ってきたという先輩看護師の方がたくさんおられました。何がなんでも若い人しか採らないという病院でもなければ、ブランクOKの求人を出している病院がほとんどというのが看護師業界の実情です。

このように、看護師業界はブランクOKの求人が基本と考えてもよさそうです。そのことを今回の再就職活動で私自身が身をもって実感することができました。ブランク組ですから引く手あまたというわけにはいきませんが、履歴書の提出だけで追い出されるなどということは一度もありませんでした。ちゃんと面接を受けさせてくれるし、研修期間を用意してくれた病院もたくさんありました。おかげさまで、私はいくつかの病院で研修をしてみたうえで、一番自分に合っていさそうな病院を再就職先として選ぶことができたように思います。

看護師の仕事は一度辞めたからといってキャリアが絶たれるわけではありません。むしろブランクがあっても大きな問題にならない業界です。再就職を希望する方には是非チャレンジしてもらいたいと思います。