2015年12月 一覧

看護師として再度働きたいと思う今日この頃

一生続けたいと思って始めた看護師の仕事ですが、転勤族の夫と結婚をしたことで、仕事を辞めてしまいました。でも、仕事を辞めてしまったことも、夫と結婚をしたことも後悔をしているわけではなく、専業主婦として子どもと関われたことはとても有意義な時間だったと思っています。でも、最近子育てが一段落したことで、自分の時間が増え、再度看護師の仕事に戻りたいと思うようになりました。

でも、戻りたいと思う反面、ずっと医療現場から離れていたため、果たして看護師として再度働くことが出来るかという不安があるのは事実です。医療は日々進歩しています。現場から離れて10年以上経過しているため、おそらく私の知識はすでに古いものになっていると思うんです。しかも、10年以上外で働いていないため、なんとなく働くということに対してハードルさえも感じてしまいます。でも、だからと言って何もしないというのももったいないし、子どもの教育費もこれからどんどんかかるので、収入を増やしたいという家計の事情もあります。

どうしようと思いつつ、何も動けない日々を過ごしているわけですが、求人サイトなどをチェックすることが増えてきました。それらをみるとブランクOKの求人なども見つけたりもするので、私でも雇ってもらえるのではないかという一縷の望みのようなものを感じます。でも、本当にブランクのある人を雇ってもらえるのだろうかという更なる不安も生まれ、応募するという勇気がでない状態です。

看護師は病院のみではなく、介護施設などでも働く人が増えているようです。介護施設をみるとブランクOKの求人が多いので、最初は介護施設で働いてみようかなと思ったりもしています。

周囲を見回してみると、看護師に限らず多くのママ友達が社会復帰を果たしています。私もしり込みをするのではなく、ダメもとでも良いからブランクOKの求人に応募して一歩前進しなければいけないなと思うようになりました。


看護師なら再就職が極めて簡単にできる

即戦力を求める傾向は看護師にもある様です。何故そんな事が言えるかと言うとブランクOKの求人が沢山あるからなんですね。こんな事を強調するのは、それがハンデになると思っているからでしょう。もし、そうでなければ改めてその様な点をアピールする必要自体が無いはずです。

理想を言えば一度も離職する事無く看護師を続けられれば一番だと思います。ただ、現実問題としてそれは極めて困難であると言わざるを得ません。人間というのは好不調の波がありますし、そうでなくとも職場から離れてみたい時期があるものだからです。

ずっと同じ職場で働き続けるというのは精神的には相当堪えます。その昔、終身雇用制度というのが盛んに言われていた時代がありましたが、現実問題最初から最後まで同じ職場で働き続けた人というのは極少数でしょう。体力的に持つかどうかでは無くて、心理的な問題から離職するのが普通の感覚だと思います。

その様な状況下で看護師に関しては割と再就職がしやすい環境が整えられていると言えるかもしれないですね。これからはお年寄りがどんどん増えて来ると言われています。そうなれば当然のことながら人手不足となる訳です。東南アジア辺りから看護師資格を持った若い人達に来てもらうなどの案も検討されていますが、なんにしても慢性的に人が足りない状況になっている事に変わりありません。

ブランクOKの求人だらけが今の現状だと言えます。これは他の職種と比較して圧倒的に好条件でしょう。景気が良かった頃は『人であれば』誰でも就職できる時代がありましたが、今は違います。ただ、看護師に関しては、まるでその頃の様な状況になっているのです。嘘だと思うかもしれませんが、ネットでブランクOKの求人のワード検索をすれば、看護師に関する求人がこれでもかと目の前に現れるはずです。もし、再就職を希望しているのなら急ぐ必要はありません。何故ならいつでも看護師の募集をしているからです。


看護師のブランクOKの求人がある理由

看護師の求人情報を見ていると、ブランクOKの求人があることに気づきます。看護師は医療機関内で非常に重要な役割を果たしています。そのような状況であってもブランクOKの求人があることにはきちんとした理由があります。

まず、看護師はいつの時代も需要の高い職業です。そのため多くの医療機関が看護師を欲しているのも事実です。看護師の仕事内容は患者の検査や注射、それに点滴を行ったりと、経験がものをいう仕事が多々あります。しかしそれとは対照的に短期間で覚えられる仕事もあります。それは入院患者のためのベッドメイキングや検温などです。このような仕事はブランクがある看護師でも行うことができます。

こうした仕事を補助する看護師がいることでベテラン看護師が他の仕事に集中することができ、結果としてそれらのベテラン看護師にかかる仕事上の負担を軽減することができるのです。そのためブランクがあるものの看護師として働いたことがある人の助けは大変貴重なのです。こうしたことを目的とするために、ブランクがある看護師であっても働いてほしいと願う医療機関が存在するのです。

このようないわゆるライトジョブを必要とするケースは他にもあります。それは企業などが依頼する健康診断です。
大きな企業の中には医療機関にお願いして社員の健康診断を一日かけて行うよう、計画するところがあります。このような場合に一日だけ看護師として働くことができる人を募集することがあります。

しかしすでに看護師として働いている人は自分の持ち場を離れることができないために、看護師として働いたことがあるものの、今は仕事を行っていないという人の助けを求めることになります。このような状況もブランクOKの求人が見られる一つの理由です。

このように仕事にしばらく携わっていなかった人でも、再び看護師として働けるチャンスは十分にあります。そのため看護師の求人広告や求人サイトを見て「ブランクOKの求人」の言葉を探すことができます。


ブランクがある看護師の求人の選び方

一生涯続ける事の出来そうな看護師の仕事ですが、現実問題そうとは言い切れません。と言うのは、看護師は女性が未だに多い職業なので結婚や妊娠、出産というライフスタイルの変化の中で仕事を続ける事が難しくなってしまうケースが多いのです。特に出産を経験し、子育てをしながら看護師という重労働な仕事を続けるのは決して簡単な事ではありません。家族の協力なくしては、両立する事はとても難しい仕事です。そのため子育てが中心の時期は、看護師という職業を退職する女性も多くなっています。

しかし、子育ても一段落するとまた看護師の資格を生かして働きたいという女性が多くなってきます。そんな時にお勧めしたいのがブランクOKの求人です。看護師の求人には即戦力を求める職場もありますが、そんな職場に長く現場を離れていた人が就職するのはとても大変です。

ブランクOKの求人は、通常の求人と何が違うのかというと、丁寧な研修をおこなってくれたり指導者がついて慣れるまでサポートをしてくれるという点になります。こうしたブランクOKの求人を選ぶ事で、都合により現場を離れていた看護師でも復職しやすくなるのです。

看護師という職業は、人の命を預かる仕事だけにミスは許されません。責任も大きい仕事です。少し現場を離れるだけで、色々な事が巡るましく変化しているのが医療の現場なので復帰に関して大きな不安を抱えている人も多いものです。せっかく看護師という資格を持っているのにも関わらずこうした理由から復帰を諦めてしまうのは勿体ない事です。

ブランクOKの求人を選ぶ事によって、こうした不安は解消されるのではないでしょうか。面接の際などにも、研修があるのかどうかなどを聞いてみても良いでしょう。探してみると意外とブランクがあっても働ける職場は多いものです。

しかし、中には人手不足から看護師を集めるためにブランクOKの求人を出している所もあります。その場合は、ちゃんとした研修や指導がない事もあるので注意しなければいけません。


小児科で働く看護師の仕事内容とは?

看護師のなかには、今後違う科目で働きたいと思っている人が、いるのではないでしょうか。たとえば子どもが好きな人は、小児科で働くことを夢見ているという人もいるでしょう。子どもの笑顔に癒されながら勤務できたら、仕事がしやすいかもしれないですね。ただ、気になるのが小児科で働いた場合の仕事内容ではないでしょうか。

小児科の看護師の仕事内容はまず、小児病棟やクリニックで働くケースがあります。たとえば骨折などの外科的な処置もあれば、風邪やアレルギーなどで訪れる患者さんも多くいます。ですので多岐にわたった内容を診ることになるので、まずは先生の介助からはじまり子どもの発育状態を見ることが大切です。

また、急な病状で訪れる子どもの迅速な処置も、小児科で働く看護師の仕事内容になってくるでしょう。優先順位をどうするかという判断を、スピーディにおこなう必要があるのです。

さらに小児科での看護師の仕事内容として、NICU(新生児特定集中治療室)もあります。看護師になかには、あえてNICUでの勤務を希望する人たちもいます。NICUはおもに、未熟児や先天性疾患のある新生児の体調管理や、適切なケアをおこなう重要な仕事になります。急な赤ちゃんの異変にもすぐに対応できるような能力だけでなく、保護者の精神的ケアも非常に大切になるでしょう。

小児科で働く看護師の仕事内容は、おもに以上になるでしょう。仕事内容はもちろんですが、従心的な精神と、子供や新生児の観察力が必要になります。とくに小児患者の場合は、言葉が未熟な分、うまく辛さや気持ちを表現することができないのです。ですからちょっとした仕草や表情から、察する観察能力が必要になるのです。

ほかにも親や先生との連携や協力など、さまざまな能力が求められます。保護者と協力して患者の環境を整えていく必要があります。小児科で働くナースは、それだけやりがいのある仕事ですし、長い期間働いているナースも少なくありません。


一般病棟での看護師の仕事内容とは

これからナースになりたいと思っている人のなかには、看護師の仕事内容が知りたいと思っている人がいるのではないでしょうか。小さい頃の夢だった看護師になりたいけれど、現実的にどのような仕事をするかに興味を持つのは、当たり前と言えるかもしれませんね。

そこで、一般的な入院病棟での看護師の仕事内容について、紹介しましょう。まず朝に行うのが、カンファレンスといって前日の患者の状態を夜勤看護師から引き継ぐ申し送りをおこないます。入院患者のなかには、たった半日で状態が急変することもあり、申し送りは大事な業務になります。

また看護師の仕事内容として、ナース同士で患者の援助についてのミーティングをおこないます。患者さんが、より心地よく過ごせるように話し合います。さらに患者さんに何か変化を感じたら、医師に報告して指示を仰ぐこともおこないます。また血圧や体温の観察や記入、治療の補助をおこなうことも看護師の仕事内容のひとつになります。

そして、患者さんん体を清潔に保つケアをおこなうこともあります。食事が自力でできない人のケアをしたり、全身清拭や入浴介助といった仕事もあります。入院患者さんが、気持ちよく過ごせるように補助することも看護師の仕事内容になるでしょう。

状況によっては、入院中の患者さんの検査やリハビリなどで、移送したり案内することもおこないます。ときには、患者さんとたわいものないことを話したり雑談することも必要になります。そのようななにげな会話の中から、悩みや希望がわかることもあるのです。

一般的な入院病棟での看護師の仕事内容には、以上のようなものがあります。実際は予期せぬ事態が起きることも少なくありません。事態に対して、迅速に動くことが求められたり、適切な処置が必要になることがあり、精神的にも肉体的にもハードに感じることがあるでしょう。それだけ看護師という仕事は、やりがいも大きいといえるのではないでしょうか。


研修制度も整っている看護師のブランクOKの求人

第一線で働いてきたかたであっても、女性の多い看護師は結婚や出産などで退職されるかたが多いものです。家庭と両立させてていくためには家族の協力が必要不可欠ですし、忙しい看護師の仕事は両立ができたとしてもなかなか大変です。選択を迫られた結果一度仕事を離れて、子どもの手が掛からなくなってから再び看護師として働きたいと希望しているかたが多くいらっしゃいます。

ですが再就職に向けて動き出したときにネックとなるのがブランクです。職場を離れているうちに医療が進んでいき、持っている知識だけでは足りなくなっていることもあるでしょうし、覚えなくてはならないこともたくさん出てきます。ですが、そんな看護師のかたに対しての復職支援制度なども整っているブランクOKの求人は少なくありません。

採決の仕方や感染管理の知識などの基本的なことを、事前研修で思い出して行きましょう。どうしても現場を離れてしまうと、知識としては覚えていても前は簡単にできたことが難しくなってしまうものです。久しぶりに注射を取り扱うことで恐怖を覚えるというかたも少なくありません。そういった看護師に向けて研修を行ってくれる医療施設は少なくありませんので、進んで受けるようにしてください。

ブランクOKの求人が多いのは、看護師が常に人手不足だという理由もあります。せっかく取得した資格を眠らせておかずに働く意欲のあるかたに活かしてもらうためです。看護師は三年程度ブランクがあれば一から勉強をして医療知識を身に付けていかなければならない職業だとされています。

さらにブランクOKの求人を運よく見つけて採用されたとしても、以前とは違い体力的にも辛いことがある可能性もあります。常に貪欲にできるだけ積極的に色々なものを吸収していこうという新人の頃の気持ちを持つことも大切です。そういった心構えこそが現場で働く感覚を取り戻させてくれるでしょう。

どんな仕事であっても復職をするにあったっては不安がついて回るものです。幸い看護師はブランクOKの求人が豊富にありますので、やる気を持って挑戦していってください。


看護婦はブランクOKの求人によく見られるほど、求められている

ブランクOKの求人に多いのが、資格や技術を持っている人を求めているものだと思います。例えば、美容師や不動産業、看護婦などがブランクOKの求人によく見られます。

ブランクOKの求人の中でも今求められているのが看護婦だと思います。全国的に勤め先があるので、引っ越しをしても続けられる仕事です。
看護師は激務と言われますが、長い間勤務している女性の数も多いです。それは、結婚、出産などを経ても現場にまた復帰しやすい環境だからだと思います。看護婦としての資格や経験があれば、数年または十数年現場を離れていても、求められることが多いです。慢性的な看護婦不足が叫ばれているので、ブランクがある方でも歓迎されるのです。

看護婦は激務ではありますが、ほかの職業には無い充実感があると思います。
何にも変えられない仕事ですので、この仕事以外はやりたくないと思う方もいるようです。
自分が誰かの役に立っているとダイレクトに感じることができますし、心からの感謝の気持ちを聞くことができる仕事だと思います。
人の役に立ちたいと思う、責任感があるという方であることは大前提だと思いますが、転勤が多い人と結婚してしまったり、長い間できる仕事をしたいと思ったり、手に職をつけたいと思っている方にも看護婦という職業は良いのかもしれません。

かなり田舎や島などに行っても小さなクリニックはあることが多いですし、看護婦という仕事は重宝されると思います。
これから高齢化社会にどんどんなっていくので、看護婦の数はますます足りなくなってくると思います。訪問看護なども増えるでしょうし、病院に通わなくてもできる仕事が多くなるかもしれません。

特に責任が重大で、取り返しのつかないミスは絶対に許されない仕事ではありますが、誰かの助けになりたい、感謝されるような仕事がしたいと思う方は看護師学校に通ってみてもいいかもしれません。
理想と現実がかなりある仕事であると聞きますが、その分やりがいもあるようです。


担当する患者をしっかりと適切に説明と治療をする看護師

看護師の仕事内容としては、患者さんの世話から看病をします。医師から言われた通りにその患者さんの腕に適切な薬を入れた注射をしてあげたり、点滴をしてあげるのです。これはとても重要なお仕事でもあり、その薬をしっかりと確かめ、血管に1度で針を刺しては患者の負担を減らす努力が欲しいわけです。

これらはみな、学校で習うわけですが、非常に学校というものは大切な場所です。人の命を預かる現場に出るためには、その実技というものがとても大切になります。晴れて現場に出た時には、失敗のない仕事をするのが大切なのです。

医師が患者を検査する時には、その検査にも立ち会います。そして、医師が持って来て欲しい薬から医療道具などを素早く見極めては持って来るのです。それも間違いは駄目です。ですから、いかに看護師の仕事では、多くの薬の名前から医療道具の名前を覚えるかにかかっているわけです。

患者さんをその入院する部屋へと案内するのも看護師の仕事です。部屋に案内したら入院後の生活についての説明などもしてあげます。トイレはこちらで、非常階段はここ、食事は何処で受け取り、どのようにして食べればいいかなども教えてあげます。非常ベルのやり方なども教えるわけです。

食事の食べ方なども、病気を抱える患者にはとても重要なものです。その食事の食べ方によって、より体を悪くすることもあるからです。特に、お年寄りへの食事指導は丁寧にしてあげないといけません。喉に食べ物を詰まらせることがないように、どうやって食べればいいかとアドバイスしてあげるのです。

患者が非常ベルを押したらすぐに駆けつけては医師を呼んだり、適切な処置をすることもお仕事です。
背中を拭いてあげたり、トイレまで連れて行ってあげる場わいもあります。

患者の家族が来たら、その容態についての話なども説明してあげる必要もあります。家族も安心させてあげることも、看護師の仕事なのです。

自分の任された患者を最初から最後まで担当します。


看護師の仕事内容は幅広いがやりがいがあります。

女性の憧れの職業であり多くの人達に感謝される看護師の仕事内容はかなり幅広くハードなものですが非常にやりがいがあります。一昔前は女性の職業というイメージがありましたが現在は男性のスタッフも数多く活躍しています。
看護師の仕事内容を大きく分類すると採決や注射の医療行為と患者さんのお世話をする看護行為に分けられます。
医療行為で一番難しいのが採血や点滴です。高齢の女性を中心に血管が分かりにくい人は慣れたベテランスタッフが行っても大変難しいものです。
新人の頃は苦戦すると思いますが数をこなすことによりコツを掴んで上達していきます。患者さんに行うだけでなく時として看護師同士で採血の練習を行うこともあります。

患者さんにとっては短時間で痛みが少ない検査が理想です。検査の負担を少なくするために看護師も日々努力しています。
そして看護師の仕事内容に介護というものもあります。動けない患者さんをお風呂に入れてあげたり、食事を食べさせてあげたり内容は様々です。
介護に関しては病棟での仕事になり外来ではこのようなことを行うことはほとんどありません。また病院によっては介護は完全にホームヘルパーに任せていることもあります。

このように看護師の仕事内容はかなり豊富で大変なものです。しかしこれ以上やりがいがある仕事はなかなかないので人気の職業なのです。
人の役に立ちたいと思うのなら真っ先に看護師の仕事を薦めたいと思います。人気の職業ですが近年高齢化社会でまだまだ人手不足です。これは看護師に限った話ではなく医師やホームヘルパーも足りていません。

ですから看護師も本来の業務から少し外れた雑用することもあります。例えば食事を配ったり病室を掃除したりあらゆることを行います。
それでも日に日に元気になる患者さんの姿を見ることを励みに頑張っています。
患者さんは精神的な不安も大きいのでその不安も取り除くことも看護師の仕事になります。1日も早く心と身体が元気になる手助けをするのが看護師です。


1 2 3 4