2015年12月 一覧

ブランクOKの求人で看護師の復職を目指す

看護師に限らず多くの仕事にとってブランクは弊害となってしまいます。特に技術革新の早い昨今ではこうした傾向は顕著で、一年や二年現場から離れると、復職する際には再度スキルを獲得するのに膨大な手間を要します。さらに看護師の場合には新薬の知識や最新の医療機器の扱い方はもちろん、採血や注射など一度身につけた技術を再度習得するのにも相当なプレッシャーとなります。看護師の方は特に人命に関わることなので、その他の職種よりも相当な心理的なハードルとなってしまいますが、こうした看護師の方の再就職にはブランクOKの求人がよく選択されます。

文字通りブランクOKの求人なのですが、小さな診療所だけでなく都心の大病院でもこうしたブランクOKの求人がよく見つけられます。これはひとえに看護師の人材が不足していることが原因ですが、ブランクの有無に関わらず優秀な資格保持者を獲得したいという医療現場の切実な願いが込められています。
もちろんブランクOKの求人といえども空白期間後にすぐに最前線に復帰するのではなく、事前の研修など十分な準備を経て職場に復帰されます。こうした研修は病院側にとってはもちろん、研修を受ける看護師にとってもブランクを克服出来る大きなチャンスなので、結婚後や出産後に一度職場を離れていた方にとっては非常に恵まれた環境になります。

もちろんいくらブランクOKの求人といえども急に大病院への転職をためらってしまう方もいらっしゃいます。実際看護師の資格はメジャーな資格の一つなので、有資格者の数はかなり存在しますが、結婚後や出産後に再就職をためらってしまっている方も多くいらっしゃいます。そうした方には各都道府県のナースセンターやハローワークの主催する復職者向けの研修を利用することをおすすめします。こうした研修では新薬の知識などはもちろん、訓練機器などを用いて採血の訓練や注射の訓練を行えるので、復職者にとっては絶好の練習の場になっています。


ブランクOKの求人でおすすめのものは何か?

みなさんはこれまでにブランクOKの求人を探した事はありますでしょうか?きっと女性の多くのはこれまでに一度はブランクOKの求人を探した事があるかと思います。

ですが、ある特定の業種を除いてなかなか思ったように順調にそのような求人を見つける事ができなかったと思います。

でも、中には当然ブランクOKの求人もあります。その代表的なのか看護師の求人です。では、どうして、看護師の求人ならブランクがあっても良いという求人が多くあるのかというと、それは看護師の数が圧倒的に足りていないという現実があるからです。

ですから、男性と比べても仕事のブランクができやすい女性がブランができてからも安心して働く事ができるようにするには看護師として働くのが一番です。

でも、中には看護師として働く事に多少抵抗を持っている人もいるかと思います。ですが、そういう方も今後結婚等をきっかけにして仕事のブランクがどうしてもできる事が多くなる立場にある女性としては看護師になる事をおすすめします。

そうすれば、他の職種に就職して復職するよりは確実にブランクがある程度あっても復職が可能になります。

なのでこれまでなんとなく看護師でなくてもブランクがあっても求人に応募して問題なく就職できると思っていたという方は実際はそうではなく、看護師ほどブランクがあっても良いという求人は他にはないという事を知って欲しいと思います。

それで多くの方はきっと看護師になって良かったと感じると思います。それぐらい、看護師の求人というのはブランクがあっても問題なく採用される職種ですので、これまで看護師として働く事にそれほど大きなメリットを感じていなかったという方はそういう事はないという事を認識して欲しいと思います。

少なくとも私の周囲には看護師ほどブランクOKの求人が多くあるのは他にはないと言っています。

それぐらい、看護師の求人はブランクがあってもハンデにならない数少ない職業です。


具体的な看護師の仕事内容とはどのようなものがあるの?

これから巣立つ若い世代の中には、看護師にあこがれている人がいるのではないでしょうか。実際に看護師の仕事内容が、知りたいと思っている人たちもいることっでしょう。具体的な看護師の仕事内容には、どのようなものがあるのでしょうか。

まず、看護師の仕事内容は医師の指示に従って行動したり、補助的な役目があります。クリニックなどの小規模の病院の場合は、特にドクターの指示に従って俊敏に行動することが大事となってくるのです。また、患者の年代によっては、介助してあげたりすることも必要になってくるでしょう。小児科の場合は、子供の扱いに慣れておくとより安心ではないでしょうか。

また入院病棟では、点滴や、問診や検査、食事の準備や後片付けなど、多岐にわたっています。場合によっては食事の介助をしたり、入浴の準備や介助もおこなうことがあります。さらに患者の様子や病状を細かくチェックして、医師に伝えるというのも看護師の仕事内容になってくるのです。実際に細かい変化を見逃さずに確認する能力が必要になってくるのです。

さらに看護師の仕事内容として、検査の際に、患者さんの移送したり案内したりすることもあります。ちょっとした隙間時間に患者さんとお話しして、交友を図ることも大切な仕事となるのです。時として患者だけでなく、その家族とのコミュニケーションが必要となってきます。

さらに夜間勤務の場合は、ナースコールの対応や夜中の見回りなどの仕事があります。当然朝になると、患者さんの状態を次のナースに引き継ぐ業務が待っています。記録をつける作業が以外と多く、体を動かすだけでなくデスクワークがあるのは、ナースのお仕事の特徴となるのです。

このように、看護師の仕事は多岐に渡っていて部署によっては、まったく違うことをおこなうことがあるのです。どんな仕事も大変ですが、ナースもまたとても大変です。その分やりがいをもって取り組んでいけるのではないでしょうか。


看護師が注射を打つときは患者を不安にさせない

 看護師の仕事内容として一般の人でも代表的なものに、注射を打つ仕事があります。注射を打つ仕事は頻繁にありますので、それがマスターできないと一流の看護師とはいえません。主に採血をするときなどは注射を打って行いますので、その機会はとても多いです。採血はちょっと手の込んだ検査をするときに行われることが多いため、ほぼ毎日その作業があるといってもおかしくないです。

 新人でまだ看護師としての経験が浅いと、患者を不安にさせるような注射の打ち方をしてしまいます。真剣に取り組むのは良いのですが、その姿があまりにも真剣ですと患者に「この人は大丈夫なのかな」と思わせてしまいます。また、何度も注射を打とうとして躊躇ったりすると、新人の看護師だということがバレてしまいますので躊躇うことはなるべく控えなければなりません。

 看護師の仕事内容として注射を打つことはとてもポピュラーなことですし、患者と直接かかわることですから不安を与えないようにしなければならないです。ただでさえ病院とは縁遠い人が注射を打つとなると、たとえ大人であっても難色を示す人が少なくありません。そんな不安感一杯の患者に対して恐る恐る注射を打っていたのでは信頼されるどころか不信感を募らせてしまいますので、そうならないように気をつけて行うことが大事です。

 そう考えると、看護師の仕事内容として患者の不安を取り除くことも大事です。上記した注射に関してはもちろんそうでうが、泣いている子どもをなだめたり、耳の遠い高齢者にしっかりと治療の内容を伝えたり、体調の悪くなった人を気遣ったりなど、患者の不安を取り除いてあげることを気にかけていなければなりません。

 通常業務に追われているとそういう基本的なケアをいつの間にか怠ったりしてしまうこともありますので、そうならないように意識して気をつけなければならないです。それができるのとできないのとではだいぶ違いますので、看護師として働くときは心がけなければいけないです。


看護師はブランクがあっても問題ありません。

高齢化社会に伴い人材が不足している看護師はブランクOKの求人として挙げられる代表的な職業です。特に結婚を理由に一度退職して子供がある程度成長することによって職場復帰をする人は少なくありません。
ブランクといっても期間は様々ですが長い人だと10年以上経って職場復帰する人もいます。復帰直後は時代の変化で少しやり方が変わるので戸惑いますがすぐ対応できます。

また新人の看護師に比べると一度現場を経験したことは大きく比較的早い段階で貴重な戦力になっています。
現実問題としてブランクOKの求人というのはまだまだ少ないのですが看護師には特に年齢制限がないことからブランクがあっても職場復帰しやすい環境とも言えます。

多くの場合は高校を卒業すると看護学校に進学してそこで看護師免許の取得を目指します。そして看護師免許を取得し卒業すると同時に看護師として働くことになります。

しかし30歳を過ぎて別の業種から看護師を目指す人も沢山います。年齢に関係なくやる気があれば誰にでも看護師になれる可能性があるわけです。
ですから長いブランクを経て40歳前後で職場復帰すること何も支障がありません。これは50代の人にも言えることです。ただ最近はパソコンを使って患者さんの健康状態を管理をしているのである程度パソコンの技量が求められます。

しかし簡単なキーボード操作やインターネットが利用できるのであれば問題ありません。もし職場復帰を考えていてパソコンに不慣れであれば自宅で少しずつ操作をしておくと良いかもしれません。お子さんがいれば教えてもらえばすぐ覚えられます。
パソコン操作は看護師の仕事に限らず必要になってきているので覚えておいて損はありません。

看護師がブランクOKの求人として浸透するようになり看護師不足もやや緩和しました。多くの病院では週に数回で短時間からの勤務が可能になっています。給料もパートで他の仕事を行うよりも高いので頑張って取得した看護師免許を活かすためにも職場復帰を考えてみてはいかがでしょうか。


看護師のブランクOKの求人について

看護師のブランクOKの求人というのは、実はたくさんあります。ですから、看護師として働いているものの、しばらく休みたいと思っている方も、安心して休む事ができると言えるのではないでしょうか。ブランクが気になってなかなか仕事をやめる事ができないという看護師の方は、これからする説明はきっと役に立つと思いますよ。

なぜ看護師の求人にはブランクOKの求人が多いのかというところから説明をしたいと思います。基本的に看護師というのは、どこの地域においても人手不足の傾向にあります。そのため、ブランクがあったとしても働いてくれるのであれば働いてもらいたいという病院であったりクリニックは多いのです。こういった理由から、ブランクOKの求人が多くなっています。

また看護師というのは女性がメインの仕事です。女性はやはり結婚、出産、育児によって仕事を休職しないといけない機会も男性よりも圧倒的に多く、それでしばらくは子供についていて仕事を一切やめるという人も多いです。そうなった後に再就職ができないというのは、女性にとっても辛い事です。女性メインの職場だけあって、そういった事に対する理解もありますし、制度なども整っていたりします。これもブランクOKの求人が多い理由の一つだと考えられるのではないでしょうか。

実際に看護師さんの中には、仕事をある程度してお金が貯まったら数年は遊びに貯金を使って、その貯金がつきたらまた看護師として働くなんていう自由な生き方をしていらっしゃる人も大勢います。中には大学や専門学校に通い、それが終わったらまた看護師として働き出すなんていうケースもありますし、こういった働き方ができるというのも看護師という仕事の魅力の一つなのではないかなと思います。

看護師として働いている方は、ここで紹介をしたような事を参考にして、これからの働き方などを決めてみてはいかがでしょうか。多くの看護師さんにとって有益な情報であれば幸いです。


看護師の仕事内容ってどういったもの?

看護師という仕事は今も昔も非常に大切な仕事であるという事は間違いありません。そして、常に人手不足気味でもあり、また給料が良いという事でも知られている職業だと言えるのではないでしょうか。

やり甲斐があり待遇も良いこの看護師という仕事に興味がある方は、きっとたくさんいらっしゃる事かと思います。しかし、意外と看護師の仕事内容についてはあまりわかっていないという方も少なくはないのではないでしょうか。そういった方に向けて、これから看護師の仕事内容とはどういったものなのか、簡単に説明をしていきたいと思います。

基本的に看護師の仕事内容というのは、どこの病院のどんな科で働くのかによって全く異なります。まずは病院とクリニックの差があります。大きな病院と小さなクリニックでは待遇も違いますし、仕事の中身も異なってくると言えるでしょう。

例えば神経科の場合には、仕事の多くは介護に近いものになってきます。身体が動かせない入院患者さんのお世話をするというのがメインになります。ですから腰痛になってしまう看護師さんも多いですね。夜床ずれしてしまわないように寝返りをうたせてあげたり、ご飯を食べさせる、身体の向きを好きに変えてあげる、こういった仕事になります。これは他の科ではこういった仕事がメインではありません。

このように、何科なのかによっても病院の大小によっても、厳密には仕事内容というのは違ってくるという事を覚えておきましょう。そして一つ言えるのは、なんにしても看護師の仕事は楽ではないという事です。それぞれ仕事内容的には異なりますが、どれも大変で重労働になるものも多いという事を忘れないようになさってください。参考になればと思います。


看護師の仕事内容を知り、将来に備える

看護師の仕事内容とはどのようなものなのでしょうか。看護師の資格を取得してやがては看護師になりたいと思っているのであればその仕事の内容をしっかりと把握しておくことはとても大切なことです。それを知ることで心構えができますし、より積極的になることもできるかもしれません。

では例えばどのようなものがあるのでしょうか。その中には医師のそばについてアシスタントの役目をすることです。それには傷の手当や包帯を巻くこと、そして注射をすることも含まれますし、時間があれば話を聞くことさえできるかもしれません。診察は先生がしますが、先生の指示にしたがって動くことが求められます。薬や何かの医療用の道具などが必要になるならば素早く用意することが必要になりますのでスピーディな動きができると喜ばれます。

また看護師の仕事内容として入院病棟で働くならば入院している患者のことを気遣うことが必要になります。毎朝その病棟で1人1人の体調を尋ねたり、体温や血圧などを測定したり食事や便通のことなどをチェックしていきます。患者でベッドから歩くことができないような人たちが看護師を呼び出すこともよくありますのでそのような人たちに親切に対応していくことも大切なことです。

いろいろな患者がいますので時にはそれがストレスになってしまうこともありますが、そのようなときでも自分を制して笑顔で対応ができる看護師というのは素晴らしいことです。またこのような入院の病棟では声かけが大切になりますし、親しく接していくことができるかもしれません。やっつけ仕事のように特定の作業をしたら無関心になるという態度や面倒でおっくうと感じるような接し方もあまりよいものではありません。

看護師の仕事内容はとても多く忙しいので気持ちが休まることは少ないかもしれませんが、できるだけ最善を尽くし、少しでも休憩を取るようにしながら気分転換をしていくことも必要です。多くの看護師はそのようにバランスを取りながら働いていますのでそんなことを考えながら将来自分が看護師になった時のことを思い浮かべることができます。


ブランクOKの求人を探す方法とは?

看護師という仕事を持っている人たちのなかには、職業柄ある一定の期間仕事をおこなっていない状態になる場合があるのではないでしょうか。例えば結婚や出産、あるいは自分探し、旅行など、ちょっとしたターニングポイントで、現役を離れることがあるのです。

そういった看護師をブランク看護師といいますが、実際にそのまま看護師という資格を持ちながら、医療業界に足を踏み入れないまま一生を過ごす人もいれば、ある期間を過ぎてから、再び仕事に就く人たちもいるのです。

そんなブランク看護師が希望の仕事に就けることはあるのでしょうか。ブランク看護師が仕事を探す場合は、まず友人や知人から紹介してもらうというのも一つのスタイルです。現役時時代に知っている人から、うまく紹介を受けて新しい求人先を見つけるパターンがあります。

当然勤務先の病院では、ブランクがあることを承諾してるので働きやすいかもしれません。紹介者に迷惑をかけないように、丁寧に働く必要があるでしょう。ただ全員がそんなコネがあるわけではありませn。実際に、友人知人がいない場合はどおしたらよいのでしょう。

そのような場合は、看護師求人サイトを活用して、求人先を見つけるとよいのではないでしょうか。看護師求人サイトの中のには、ブランクOKの求人が少なくありません。何年か経験している年齢が若くない人を好んで採用したい病院もなかにはあるのです。

子育てや出産経験がある人のほうが、採用したいと思うクリニックや病院サイドは、ブランクOKの求人という形でサイトに掲載していますので、見逃さないでチェックしましょう。またそのようなクリニックの中には、ブランク看護師のために研修制度を設けているところも少なくありません。

少しででもブランクの不安を解消させるためにも、ぜひそのような制度を活用するとよいのではないでしょうか。このように、ブランクOKの求人はまったく0ではありません。ぜひ前向きに探してみてくださいね。


看護師が復帰するときのきっかけになるブランクOKの求人

 女性は人生の途中で結婚や妊娠や子育てを経験することが多いため、その期間中は仕事を休むハメになりやすいです。特に子育てと仕事を両立させるのは体力的にも精神的にもしんどく、専念するために1度仕事を辞めるという選択肢を取るのもいたしかたのないところです。ただ、仕事を長期で休めばそれだけ現場感覚は薄れていき、社会から取り残されたような気持ちになってしまいます。子育ては家庭内のとても狭い空間で行いますので、だからこそますます仕事から遠のいた気持ちになります。

 たとえば前職が看護師だった場合、ブランクOKの求人は救いになります。ブランクOKの求人なればどれだけ家庭の事情で休職をしていたとしても、その部分を見越して求人が募集されています。看護師は全体的に不足しているわけですから、たとえブランクがあったとしても取りたいという意向の病院は決して少なくありません。車の運転と同じで1度覚えた仕事はそうそう記憶から欠け落ちたりはしないでしょうし、まさに体が覚えているということもあるはずです。

 ただ、そうはわかっていたとしてもいざ実際に復帰しようとなれば、不安が募るのは当たり前です。短期間でもとにかく働いていればその現場感覚をあっという間に取り戻せるのかもしれませんが、そこにたどりつくまでがとても大変に感じてしまいます。そして、そんな気持ちになりやすいからこそブランクOKの求人は重宝されるべき存在で、それを見つけられれば看護師としてまたバリバリと働くことができます。

 それまで子育てや家庭の事情に終始していればいるほど働きたいという欲求は高まっているでしょうし、そのくらいのモチベーションがなければ看護師として第一線で働くことはできません。求人状況は目まぐるしく変わりますからどこの病院でも看護師を手放しで歓迎しているとはいえないのかもしれませんが、それでもどちらかといえば採用してくれやすいのは間違いなく、そういう求人を探していけば復帰は十分可能です。


1 2 3 4