2015年11月 一覧

人材紹介会社などでブランクOKの求人を探す

看護師の方々は、たまに転職活動をしています。いわゆる別の病院を探している方も見られる訳ですが、その状況も様々です。
例えば、しばらくその職業から離れている方も見られます。ある時までは、1つの病院で働いていたとしましょう。ところが出産に伴って、子育てが心配なケースも見られる訳です。育児をするとなると、子供の面倒を見る為に多くの時間を割く必要があります。それで一旦は病院から退職するケースも、決して珍しくありません。
それで子育てが落ち着いてくると、今度は復職したいと思う事例も見られる訳です。その際に多くの看護師の方は、それが可能か否かを気にしています。

というのも上記の事例では、退職をした看護師の方にブランクがあるからです。会社を離れてからしばらく日数が経過しているので、それでは復職が難しいのではないかと思う方も珍しくありません。
では病院で働くのは難しくなるかと言うと、そうとは限らない一面があります。なぜなら病院によっては、ブランクOKの求人を出しているからです。上記のように一旦は看護という職業から離れている方でも、問題無く受け入れている病院も多く見られます。ですので一度は退職をした方などは、ブランクOKの求人を探しているケースも珍しくありません。

ただ人によっては、それを効率良く探したいと思っている事もあります。と言うのも求人情報の数は非常に多いです。その中から自分に最適な案件を探すとなると、かなり多くの手間がかかります。また多くの時間も要してしまいます。
このため一度は病院を退職した方は、看護師の為の人材紹介会社に登録をしている事も少なくありません。というのも紹介会社では、ブランクOKの求人を取り扱っている事も非常に多いからです。とても効率良くお仕事が見つかる事も多いので、登録してみるのも一法と言えます。
しかも紹介会社の担当者は、求人探しの代行をしてくれます。忙しい方々などは、その代行サービスに魅力を感じている事も多いです。


看護師がブランクOKの求人を見つけるには?

看護師の資格を持っている人のなかには、さまざまな事情で一度職を離れた人は少なくないでしょう。結婚や出産などの理由で、一度看護師の仕事を離れたナースが再び仕事に就くことはなんら珍しいことではありません。

ただ、復職を希望しているナースにとって、ブランクOKの求人を望んでいる人も多いことでしょう。やはり再び看護の仕事に就くことには、不安や心配がつきものです。なるべくなら、ブランクがあってもかまわないよと、病院側でOKを出している職場で働きたいものですね。

そこでブランクOKの求人を本格的に見つけるには、どのような方法がよいのでしょうか。やはり看護師が転職先を探す方法として、鉄板なのが看護師専門転職サイトになるでしょう。看護師の求人だけを掲載しているサイトになるので効果的に就職活動ができます。

そのようなナース専門求人サイトになかには、ブランクOKの求人も少なくありません。クリニックや病院サイドのなかには、潜在的な能力の高いブランクありのナースを積極的に採用するところもあるのです。年齢がある程度上のほうが良い場合や、経験がある看護師を望んでいるケースもあるのです。

そのような病院と、いったん休暇をとった看護師を効率よくつなげるのが、看護師専門求人サイトといえるのではないでしょうか。ブランクOKの求人を数多く載せているサイトも少なくありません。積極的に登録してうまく活用するとよいですね。

看護師求人サイトには、なるべく複数のサイトに登録することが望ましいです。欲を言えば大手求人サイトを中心に3サイト登録すると、ブランクがあってもOKな求人を隈なく探すことができます。自分の希望にあった求人を見つけやすくなるでしょう。

このように、一旦職を離れた看護師の場合は、専門のサイトを使うと理想の職を見つけることができやすいのでオススメです。登録は無料ですし、豊富な求人を見つけやすいので、ぜひ利用しましょう。担当のスタッフに相談するのもよいのではないでしょうか。


看護師の仕事内容は勤め先で変わる

看護師の仕事内容は、一見どこに就職しても同じだと思われるかもしれませんが全く違います。まず病院なのかクリニックなのか、その規模によっても異なりますし、診療科目によっても異なってくるのです。例えば内科の看護師と外科の看護師では行わなければいけない看護師の仕事内容は全然違うのです。

確かに看護師として、患者さんと医師との間の橋渡し役であったりと、どこで働いても同じように求められる事はあります。しかし、1から10まで全て同じという事は中々難しいのが現状です。そのため、引く手あまたに思われる看護師の転職ですが、転職先で仕事に慣れず苦労する看護師は五万といるんです。

また看護師の働き場所は、病院やクリニックだけではありません。介護施設や企業、幼稚園や小学校など色々な求人先があります。こうした病院以外の職場に勤める場合も看護師の仕事内容は異なってくるのです。

このように、看護師という職業であってもどこに勤務するか、その就職先によって看護師の仕事内容は大きく左右されます。中には以前は上手く働けていたのに違う職場へ移ってから途端に仕事が出来なくなったという人もいるようです。それはその職場の仕事内容が自分に合わないからだと考えられます。人によってはこうした事が原因で、自分には看護師の仕事が向かないのではないかという悩みを持つ人達もいます。ですが思い切って全く違う職場に転職した事で、途端に仕事が上手くいくようになったというケースもあるのです。

もし、仕事が思うように出来ない、辛いと感じているようなら、その仕事内容が自分には合っていない可能性もあります。そんな時には思い切って転職してみるのも良いのではないでしょうか。例えば、よくある看護師専門の転職サイトなどで専任のコンサルタントに相談するなどして、自分にあった仕事内容の職場を探して貰うという方法もあります。病院やクリニック以外で働くという事も視野に入れながら転職活動を行うと、相性の良い仕事と巡り会う事が出来るかもしれません。


看護師の仕事内容は種類が多く高い専門性が求められる

看護師の仕事内容は本当に沢山あります。制限された短い時間内に確実に作業をテキパキとこなしていく必要があります。具体的には血圧や体温や脈などを測定したり、注射や点滴や採血などの治療の補助をしたり、食事やお風呂やベッドメイキングなど患者さんの身の回りのお世話をします。また手術時には手術の準備や医師へ手術器具を手渡しなどの業務を行う場合もあります。

特に最近は医療技術が高度化して、日進月歩で進化を続けています。そのため看護師の仕事内容も益々高度化して、専門知識や高い技術が必要とされるのです。看護学校で学んだ知識だけでなく、医療現場での実体験などを踏まえて、日々自己研さんを継続していくことも大切になります。

それではより詳しく看護師の仕事内容について見ていきましょう。まず朝の申し送りのカンファレンスを行います。担当の患者さんの状況や細かい情報などを夜勤の看護師から聞いて引き継ぎます。またチームでのミーティングを行って、その日にどんな援助や看護を行うのかを話し合います。
担当する患者さんの病気の症状や体調などを経過観察します。その中でもし患者さんに何か変わったことがあった場合には、速やかに医師に報告を行います。患者さんへのケアとして、体を清潔に保つ為に全身清拭をします。また自分で食事が取れない患者さんには、食事介護を行います。また自分で入浴できない場合は、入浴介護をします。

病院の医療の中で検査や手術やリハビリなどの際には、患者さんを予定やスケジュールに合わせて移送したり誘導を行ったりします。また看護師の仕事内容としては、純粋な医療行為だけでなく患者さんとの日頃の何げない会話や雑談も大事です。患者さんの話ぶりから、体調の良さや元気さや気分など、健康状態を推察することもできます。また入院中には気分がふさぐ患者さんもいるので、話し相手になって元気づけることも大事な業務の1つと言えるでしょう。

このように看護師の仕事内容は本当に多岐に渡ります。高度で専門的な医療知識を備えると共に、患者さん1人1人に寄り添ってあげられるハートフルな看護を心がけることが重要だといえます。